松屋「タッカルビ風鶏の甘辛味噌炒め定食」はご飯が進みまくる夏のスタミナメニュー


牛丼メニューだけでなく、定食メニューにも力を入れている松屋が6月19日(木)から韓国料理のタッカルビからアイデアを得た「タッカルビ風鶏の甘辛味噌炒め定食」を発売しました。タッカルビというと韓国料理店などに置いてあるイメージですが、今まで食べたことがなかったので松屋に行って食べてきました。

タッカルビ風鶏の甘辛味噌炒め定食新発売!|松屋フーズ
http://www.matsuyafoods.co.jp/2014/06/12/2577/

松屋に到着。


店頭でも新商品をアピール。


唐辛子のマークが付いており「やや辛いメニューです」とのこと。


お店に入って食券機を見てみると……


「タッカルビ風鶏の甘辛味噌炒め定食(税込630円)」を発見。さっそく注文してみます。


席に座って待つこと5分弱でメニューが到着。昼時にも関わらずかなり提供が早かったので、作り置きのものを出しているのかもしれません。


メニューは生野菜


松屋定番のみそ汁


ごはんは牛めしよりやや小さいように見えました。


タッカルビ風鶏の甘辛味噌炒めは、コチュジャンベースの特製味噌ダレで鶏肉や野菜を炒めた一品。


少し焦げが付いた皮付きの鶏もも肉


葉にんにく・たまねぎ・揚げ茄子がタレで炒められています。


ゴマもふりかけられていました


タレは結構赤め。


もも肉は焦げが付いていて香ばしく、甘辛いタレと鶏の旨味が良く合っています。鶏肉はある程度ジューシーさが残っており、食べ応えがありました。タレはかなり赤いので辛そうな見た目ですが、「口に入れた瞬間強烈な辛さを感じる」ということはなく、じんわりと辛さが広がります。「激辛」ではありませんが、やや辛い味付けと言えそうです。


葉にんにくは甘味があり、シャキシャキとした食感がグッド。タレとの相性も抜群です。


揚げ茄子はしっかりと油を吸っていて、とろけるような食感が楽しめます。麻婆茄子などとは違った味付けですが、茄子の味がいきています。


さすが定食メニューだけあり、ごはんに良く合います。定食のおかずはむやみに味が濃いことがありますが、そこまで濃くないのもうれしいところ。


定食の味に少し飽きたら生野菜や……


みそ汁を飲んで口をリフレッシュさせて食べると良さそうです。


なお、タッカルビ風鶏の甘辛味噌炒め定食は6月26日(木)の15時までごはんの大盛りが無料になっています。スタミナが付きそうな料理なので、夏にぴったりなメニューでした。

・関連記事
防塵マスク&ゴーグルを着用しないと作れない激辛唐辛子100本入りの「ギロチン炒飯【ゴッド】」を本当に命がけで食べてきました - GIGAZINE

牛丼に甘辛いチャプチェを載せたすき家の「チャプチェ牛丼」を食べてみた - GIGAZINE

味覚を破壊する激辛料理が多数集結した「KARA-1」で「半殺しカレー」に挑戦 - GIGAZINE

北朝鮮直営「喜び組」風のショーが見れるピョンヤンレストランに行ってみた - GIGAZINE

松屋の「豚キムチ定食」は葉ニンニクの存在が味の鍵 - GIGAZINE

36

in 試食, Posted by darkhorse_log