高評価レビューをゲット後にSSDの部品を安物に変更する手口が暴かれる


新製品のその後の売れ行きを大きく左右するのが口コミサイトなどでのレビューの評価ですが、一部のメーカーが、高評価をゲットして上々な売れ行きを確認した後、ハードウェアの部品を性能の劣った安物に変更するという手口を採っていることが指摘されています。

SSD shadiness: Kingston and PNY caught bait-and-switching cheaper components after good reviews | ExtremeTech
http://www.extremetech.com/extreme/184253-ssd-shadiness-kingston-and-pny-caught-bait-and-switching-cheaper-components-after-good-reviews

Bait and Switch - The Sad State of SSDs
http://www.tweaktown.com/blogs/Chris_Ramseyer/93/bait-and-switch-the-sad-state-of-ssds/index.html

性能の割に安価なソリッドステートドライブ(SSD)を提供することで知られるKingstonが、高評価のレビューを獲得した後、SSDの部材を安物に変更するという手口を採っているということをExtremeTechが暴いています。

問題のSSDはKingstonの「V300」シリーズで、リリース直後から性能の高さに比較して破格の安さから非常に高いコストパフォーマンスを持つとの評価を得たこともあり、SSD市場で人気となっているモデルです。ExtremeTechによると、デビュー当初、V300は高速なデータ転送が可能な同期型NANDメモリ(25nmプロセス)を採用していましたが、高評価レビューを得て売れ行きに勢いが付いた後、ひそかに転送速度の劣る非同期型のNANDメモリ(20nmプロセス)に変更したとのこと。


このNANDメモリの変更はプロセスルールの微細化された新しいパーツへの変更で、コストダウンを図るために新しいパーツに変更したこと自体は責められるものではなさそうですが、Nordichardwareによる性能評価試験では、パーツ変更後のV300は前モデルのV200よりも性能が劣っていることが明らかになっており、NANDメモリ変更による性能の劣化は明らかとのこと。


また、ExtremeTechがKingstonのこの巧妙な「戦略」に気付いた後、数カ月間にわたって追跡調査している最中に、新たにPNYも同様の戦略を採っていることが判明しました。PNY製SSD「Optima」はSandForce製のコントローラを採用していると公表しているにも関わらず、異なるコントローラが使われていることに気付いたユーザーがPNYに質問したところ、「弊社ではお客様に最善のソリューションを提供するため複数のコントローラを採用しています」と回答したとのこと。ただし、このユーザーが行ったベンチマークではSnadForce製コントローラよりも低い性能であったとのことで、「最善のソリューション」とはほど遠い結果に終わっています。

インターネットの普及によって、情報が瞬時に拡散する現代社会において、製品のレビューを販売戦略に利用するのはメーカーにとって必要なことで、うまく活用すればより好調な売れ行きを実現することは可能と言えます。しかし、ユーザーの信頼を失えば巨額の損失が生じることもあり、口コミの活用は諸刃の剣。Kingstonがパーツ変更によって得たコストカットの代償は、削減できたコスト以上に高くつくかもしれません。

・関連記事
現行SSDに即適用可能な4倍高速化・60%省エネ化の技術を中央大学研究者が開発 - GIGAZINE

ハードディスクはどこのメーカー製が一番壊れにくいのかが2万5000台の調査結果でついに明らかに - GIGAZINE

AppleがMacBook AirのSSDをリコール&無償交換開始、確認方法まとめ - GIGAZINE

Intelの新CPU「Ivy Bridge」が高熱になる「ダブルグリスバーガー症候群」状態 - GIGAZINE

SSD大手メーカーのOCZが破産申請予定、東芝と資産売却を交渉中 - GIGAZINE

2011年の「タイ水害」がハードディスクの状況に与えた影響と今後の展望とは - GIGAZINE

392

in ハードウェア,  メモ, Posted by logv_to