試食

Wi-Fi・電源無料で楽天のお取り寄せが味わえる「楽天カフェ」に行ってきた


楽天はインターネットのショッピングモールが主な事業ですが、近年では全国の百貨店などで「うまいもの大会」をおこなったり、クーポンサイト「シェアリー」を買収するなどO2Oの事業にも力をいれています。5月29日(木)にはついに楽天初となる常設の店舗である「楽天カフェ」を渋谷にオープンしました。店舗のデザイナーにユニクロなどの店舗デザインを行う佐藤可士和を起用し、Wi-Fi・電源が無料で使え、楽天のお取り寄せスイーツなどが楽しめる作りになっているとのことで、さっそくお店に行ってきました。

楽天カフェ(Rakuten CAFE): 渋谷公園通りNEWオープン!
http://cafe.rakuten.co.jp/

楽天株式会社:  楽天史上初、楽天のサービスをリアルで体験できる「楽天カフェ」を渋谷に常設オープン | ニュース
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2014/0527_01.html

JR渋谷駅を降りて渋谷に到着。楽天カフェは、渋谷駅ハチ公口から5分ほどで着きます。


スターバックス SHIBUYA TSUTAYA店が入るQFRONTの右を直進します。


マルイシティ渋谷が見えたら、左折し渋谷公園通りを歩くと……


すぐに楽天カフェに到着。


外観はいかにもカフェっぽい感じで、スタイリッシュなデザイン。


3階建ての建物になっており、1階が注文カウンター。1階と2階では楽天の電子書籍端末「Kobo」が使えます。全席禁煙で、Wi-Fiも使用可能。


お店に入ってみると、木目調の壁が多めに使われており、ちょっと無印良品っぽい雰囲気に感じられました。


1階にはKoboが陳列。


窓際にもずらっと並んでいます。


Koboはさておき、ドリンクと食べ物を注文します。ドリンクはサイズが3種類から選べ、今回は楽天でレビューが多いという加藤珈琲店のカフェラテ(アイス)のMをチョイス。価格はそれぞれ税抜でS340円・M380円・L420円。


楽天カードで支払うと、ドリンクを半額で頼むことができます。


スイーツは楽天でお取り寄せもできるものが9種類。


デザートはダンポテトスイートポテト(税抜400円)と……


パティスリー シャ・ペルルブルーベリーチーズケーキ(税抜650円)を注文してみます。


階段を上がります。


やや混み合っていたので、2階の窓際の席を取り、それから店内を見学してみることに。


2階も1階と同じく木目調の壁が多用されていました。カフェというと、通常女性の利用客の方が多いイメージですが、訪れた時間帯はやや男性が多いようでした。


3階の席はテーブル席が多めの作りで、Koboは置いてありません。テーブル席の近くに電源があるので気軽に使えます。


席は楽天カラーのえんじ色や


ブルー、灰色のものなどもあり、特に統一されていないようです。


窓際の席には……


Kobo・電源・メニューが完備。


電源は1つのみです。


Koboを手に取ってみると、楽天のアプリがかなり多めに入っていました。


設定からWi-Fiを開いてみると、いくつもの電波が飛んでいます。


「kobo-wifi」と「rakuten-cafe」のWi-Fiが飛んでいます。特にセキュリティキーは必要ないので、誰でも自由に使うことが可能。ダウンロードは約22Mbpsほど、アップロードは43Mbpsほどでした。時間帯や利用人数などによって数値は変わってきそうですが、普通に仕事をしたりネットする分には十分な速度と言えそうです。


メニューも見てみることに。


開くと楽天のホームページで良く見るような商品の説明が書かれています。


これはブルーベリーチーズケーキの説明。さまざまなこだわりが書かれていました。


ビールも置いてあり、お酒も飲めるようです。


一通り店内を見学し終え、ドリンクやフードを味わうことにします。


カフェラテ(アイス)には、楽天の「R」のロゴが描かれています。


ミルクの上にエスプレッソがかけられており、提供直後は茶色いエスプレッソの層とミルクの層が分かれていました。


飲んでみると、やや苦味が強く甘いお菓子などに合いそうな仕上がり。牛乳はコクがあるものが使われている印象でした。


スイートポテトは税抜400円で2つ。徳島産のサツマイモで鳴門金時「甘姫」が使われているそうです。


サイズは手のひらにちょうど乗るくらい。スイートポテトとしては大きすぎず、小さすぎずというサイズ。


アップルシナモンと……


卵黄を付けて焼いたプレーンの二つ。


アップルシナモンは、りんご・お芋・シナモンの相性が良く食べやすい仕上がり。リンゴの甘露煮はほとんど入っていませんが、お芋の中にりんごの味がほんのり感じられます。舌触りは滑らかで、甘さは控えめです。


プレーンはミルクやバターのコクがアップルシナモンより強く、少しこってりした味。食感はアップルシナモンとほとんど同じですが、少し甘いので、コーヒーなどと一緒に食べたほうが良さそうです。価格は値段相応といったところ。


ブルーベリーチーズケーキは、ニュージーランド産のクリームチーズと大粒のブルーベリーをココアビスキュイ生地に載せたもの。


ブルーベリーチーズケーキはスイートポテトよりは大きいものの、手に乗るくらいの大きさ。値段が650円とやや高いのでもう少し大きくてもいい気がします。


ブルーベリーはジャムではなく生のものが使われているようで、ゼリー状の素材でコーティングされていました。


横から見ると、クリームチーズとココアビスキュイ生地が確認出来ます。


側面は底面と違う生地が使われているようです。


食べてみると、酸味が少なめでクセの少ないクリームチーズにブルーベリーの酸味が良く合っています。ココアビスキュイ生地はチョコの味が強そうですが、見た目ほどチョコの味は強くなく、ほどよい苦味と香りがクリームチーズやブルーベリーとマッチしていました。量が少ないので、税抜650円という価格は高めに感じられました。


楽天カフェは期間限定でなく、常設店舗としてのオープン。デザートの価格はものによっては少し高そうですが、ドリンク一杯でWi-Fiや電源を使うことも可能なので、なにかと重宝しそうです。

・関連記事
元ストリップ劇場を改築したカフェ「tokyo salonard cafe: dub」に行ってきた - GIGAZINE

世界初「ギャレット ポップコーン ショップス」の期間限定カフェ「Garrett cafe meets DOWNSTAIRS」に行ってきました - GIGAZINE

自分でお茶が点てられるカフェ「楚々」に行ってみました - GIGAZINE

JR小倉駅から徒歩2分にアニメ・ゲームの新拠点誕生、「マチ★アソビカフェ」オープンレポート - GIGAZINE

うさぎと触れあえる下北沢の「うさぎカフェ おひさま」に行ってきました - GIGAZINE

心ゆくまでフクロウと触れあえる「フクロウのみせ大阪店」に行ってきました - GIGAZINE

月額定額制でカフェや喫茶店のコーヒーが飲み放題になるアプリが登場 - GIGAZINE

世界有数の売上げの渋谷スクランブル交差点前のスタバに行ってみた - GIGAZINE

10分100円で飲み放題・電源確保・飲食物の持込OKという「コインスペース」を実際に利用してみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log