ハードウェア

自動的に水やり・ライティング・温度調節などを行いスマホと連動して植物を水耕栽培してくれる「Niwa」


「野菜や果物を育てて食べたいけれど自分で育てる時間や土地がない」という人のために作られた、ほぼ全自動で植物を水耕栽培してくれる装置が「Niwa」です。センサーやアクチュエータを使用してそれぞれの植物に適した環境を作ってくれるため、植物に関する知識がない人でも簡単に育てることができます。

Niwa: Grow the freshest food on Earth right from your smartphone!
http://getniwa.com/

Niwa: The world’s first smartphone-controlled growing system by Niwa — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/435284672/niwa-the-worlds-first-smartphone-controlled-growin

Niwaの仕組みや実際に使っている様子は以下のムービーから確認可能です。


これがスマートフォンと連動してほぼ全自動で植物を育ててくれる装置「Niwa」


まずは種を装置にセットして……


あとはアプリで管理。


アプリの画面は以下のような感じ。


太陽光の代わりに蛍光灯の光が植物を育ててくれるので、光の入らない場所でも植物の育成が可能です。


ほぼ全自動で植物はすくすく育ち……


あとは収穫するだけで新鮮な採れたて野菜が食卓に並ぶというわけです。


Niwaはさまざまなセンサーやアクチュエータを使用しており、温度・湿度・光のサイクル・水やり・換気などを自動的に行い、植物が育つのに最適な環境を作り出します。また、土を使わずに水耕栽培する仕組みなので、植物を効率よく育てるだけではなく、キレイな環境を保つことが可能。


なぜこんなことができるのか?というと、Niwaのブレインであるマイクロコントローラは、2年にわたって農業の専門家から集めたデータを搭載しており、データに基づいて「1日に何度水をあげればいいのか」「温度は十分か」「湿度は適切か」ということを行ってくれるため、育てる側が分かっていなくともNiwaが自動的に調節してくれるというわけです。


本体に搭載されているセンサーを使ってフィードバックを得ることで、発育段階に応じたケアを行うことができるのですが、より正確なフィードバックを行うにはユーザー自身がアプリで「花はついていますか?」といった簡単な質問に答えて、フィードバックを行う必要があります。また、アプリでは植物の写真を撮影して日々植物が育っていく様子を一目で分かるようにすることも可能。


アプリの画面は以下のような感じ。まずは育てたいものを「野菜」「果物」「ハーブ」「南国植物」「花」といったカテゴリーから選び、これから育てる植物の種類を設定します。


植物が育つとアプリに経過が記録されるので、ここで経過観察したり刈り入れの時期はいつか、ということをチェック。質問に答えることでいくつかのフィードバックを行い、適切な温度調整や水やりを行うためのデータ集めに協力しましょう。


植物によっては保温培養などの設定が必要になるものも。どんな育て方がいいのか、という情報をシェアするために、実験的な方法を採ることもできます。


現在育て方がプログラミングされている植物は以下の通り。トマトやカリフラワーといった野菜や、バジル・ミントなどのハーブ、ベゴニアなどの南国植物、果物はイチゴのみで、デイジー・ペチュニアといった花などもありますが、自分でデータを作成してコミュニティで共有すれば選択肢はどんどん増えていきます。また、根菜を育てるためのトレーも現在開発中とのこと。


Niwaにはサイズの小さいミニ版と、通常版、陽極処理済みのアルミニウム製ポールを使ったプレミアム版があり、ミニ版のサイズは686mm×482mm×203mmで、標準版とプレミアム版は889mm×482mm×203mmとなっています。LEDは植物の育成に不向きのため蛍光灯を利用しており、ヒーターは100W、ファンは直径80mmで12V、本体の電圧は110V-240V対応であり、スマートフォンとはWi-Fiで接続し、アプリはAndroidとiOS用の2種類が用意されています。


これがNiwaのプロトタイプ。


内部はこんな感じ。すくすく植物が育っています。


中に生えている植物はトマトなど。


Niwaを開発したのはJavierさんやAgaさんを始めとするチーム。


Niwaは現在商品化のための出資を募っている最中であり、249ドル(約2万5000円)を出資すればミニ版をゲット可能ですが、これは数量に限りがあるので注意。249ドルのミニ版が品切れになってしまったら299ドル(約3万円)のミニ版をゲット可能で、通常版は349ドル(約3万6000円)以上、プレミアム版は399ドル(約4万1000円)以上の出資でゲットできるようになっています。発送は2015年の1月ごろから行われていく予定です。

なお、締切は日本時間で2014年6月22日(日)午前2時11分となっています。

Niwa: The world’s first smartphone-controlled growing system by Niwa — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/435284672/niwa-the-worlds-first-smartphone-controlled-growin


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
部屋の空気をきれいにしてくれる観葉植物ベスト5 - GIGAZINE

オフィスの空気をきれいにしてくれる観葉植物の選び方 - GIGAZINE

排熱を利用してコンピューターからすくすくと草を生やす方法 - GIGAZINE

ガラスに閉じ込められた小さな緑、空き瓶とコケを使った簡単テラリウムの作り方 - GIGAZINE

机の上でガラス張りのコケを簡単に育てることができる「MOSSER」 - GIGAZINE

土に突きさすとトマトやミントが生えてくる鉛筆「Sprout」 - GIGAZINE

光る植物を人工の光と置き換えるプロジェクト「Glowing Plants」が進行中 - GIGAZINE

家の庭や砂漠でさえも肥沃な土地に変えることができる方法とは? - GIGAZINE

NASAが進める宇宙での野菜栽培プロジェクト「VEGGIE」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画,   , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.