×
デザイン

最先端のオフィスとは一風違った雰囲気のMicrosoftのアパートに潜入

By Cathy Cole

Windows Phone 8.1を搭載の、Nokiaのミドルレンジスマートフォン「Lumia 630」のローンチイベントが、ロンドンにあるMicrosoftのアパートで開催されました。ローンチイベントに招待されたITニュースサイトのNeowinが、謎のベールに包まれたMicrosoftのアパート内の様子を撮影し、公開しています。

In pictures: A look around the Microsoft Apartment - Neowin
http://www.neowin.net/news/in-pictures-a-look-around-the-microsoft-apartment

Microsoftのアパートは、ロンドンのコベントガーデンと呼ばれる、ファッションブランドのショップやセレクトショップが立ち並ぶ場所の一角にあります。石造りの柱が両脇に建てられた玄関は、IT企業のMicrosoftであることを感じさせません。


案内されたリビングルーム。この部屋で招待したゲストをもてなします。


リビングルームの奥にあるラウンジには最新のMicrosoft製デバイスがズラリ。Xbox OneとKinectに接続された大きなテレビが中心にあり、テレビを挟むようにしてSurface 2とLumia 630に接続された2つのディスプレイが設置されています。ディスプレイにはプレス向けのデモムービーが映し出されていたとのこと。


ラウンジの反対側はダイニングルーム。社内ミーティングは中央にあるディスプレイを使ってダイニングルームで行なわれます。少し見えにくいですが、画像の中央やや左より、電気系統のスイッチのちょうど右側にあるのは3Dプリンタです。


こちらはキッズルーム。キッズルームにはペアレンタルコントロールされたSurface 2や、同デバイスに接続されたテレビが置かれていました。子どもが遊び過ぎないように、Surface 2には使用制限時間が設定されているとのこと。


別の部屋にあったのがMicrosoftのロゴ入りの巨大な椅子。この椅子にはジェシー・Jシェリル・コールといった大物ミュージシャンが座ったことがあるそうです。Microsoftは巨大な椅子をキッズルームに置きたかったのですが、椅子が大きすぎてドアを通らないという問題が発生したため、諦めました。


Microsoftのアパートには、オフィスであるにも関わらず大きなベッドルームがあります。社員は、疲れてリラックスしたいときや、アイデアに煮詰まったときに、ベッドルームで映画を見るなどしてリフレッシュするそうです。


Microsoftのアパートは、最先端のテクノロジーと、快適な家というスペースが合わさったオフィスになっています。突拍子もない発想の詰まったGoogleのオフィスもいいですが、Microsoftのアパートのような空間で仕事をすると、より一層クリエイティブなアイデアが生まれそうです。

・関連記事
働くクリエイティブさを引き出すGoogleの新オフィス風景いろいろまとめ - GIGAZINE

Microsoftの新CEOが就任からたった3カ月で会社を劇変させた8つの戦略 - GIGAZINE

Facebookの社員食堂がどのような感じでデザインされたかよくわかる写真集 - GIGAZINE

マイクロソフトが過去最高売上を記録、Xboxが好調でSurfaceは増収赤字 - GIGAZINE

どこにでも設置できる1人用のミニオフィス「OfficePOD」 - GIGAZINE

Microsoftが心拍数計測機能を備えたスマートウォッチを発表する見込み - GIGAZINE

自分のMicrosoftアカウントが乗っ取られた形跡を確認する方法と対応策 - GIGAZINE

MicrosoftがNokiaの従業員向けに作成した秘密のマニュアル - GIGAZINE

AndroidでMicrosoftが毎年なんと約1970億円も儲けている理由とは? - GIGAZINE

サポート切れのWindows XPでアップデートを受け取る方法にMicrosoftが警告 - GIGAZINE

in デザイン,   メモ, Posted by darkhorse_log