YouTubeが1000億円以上でゲーム専門ライブ配信サイト「Twitch」を買収か?


YouTubeがPlayStation 4やXbox Oneなどでゲーム実況を配信可能なゲームのライブストリーミングプラットフォームである「Twitch」を買収することで合意し、その買収額が10億ドル以上(約1015億円)になることをニュースサイトVarietyが報じています。

YouTube to Acquire Videogame-Streaming Service Twitch for $1 Billion: Sources | Variety
http://variety.com/2014/digital/news/youtube-to-acquire-videogame-streaming-service-twitch-for-1-billion-sources-1201185204/


Varietyが信頼のおける情報筋から入手した情報によると、YouTubeは10億ドル(約1015億円)以上でTwitchを買収することで合意済とのこと。買収に関する発表は近いうちに行なわれ、Varietyの報じた内容通りだと、買収額はYouTubeが始まって以来最大の額になります。

2011年にスタートしたTwitchはゲームのライブストリーミングサービスで、毎月サイトに訪れるユーザーの数は4500万人以上。ユーザーがゲームの実況配信をしたり、ムービーをアップロードするだけではなく、GameSpotJoystiqといったゲーム専門のメディアが番組を配信しています。


Varietyによると、YouTubeは「アメリカ司法省が動画共有サービス最大手のYouTubeによるTwitchの買収が、オンライン動画市場において反競争的であるかどうかの厳しい審査を行なう」と予想しており、その審査に向けて着々と準備を整えている最中とのこと。

月間ユニークユーザー数が100万人以上というTwitchは、数千人がポケットモンスターを協力プレイするなどユーザーの自由な発想を生かした番組が好評を得ていました。そのTwitchがYouTubeに買収されることでどのように変化するのか、今後に注目です。なお、YouTubeとTwitchは買収に関する一切のコメントを差し控えています。

・関連記事
「Twitch」はどのようにして数年で巨大ゲーム実況プラットフォームになったか - GIGAZINE

YouTubeで2013年に再生回数の多かったムービー・ミュージッククリップトップ10 - GIGAZINE

数千人が同時プレイ可能な「ポケモン」で何千人ものプレイヤーが力を合わせてプレイ中、マチスと死闘を演じる - GIGAZINE

8万5000本もの歴史的な映像がYouTubeで公開中 - GIGAZINE

BGM代わりに指定したキーワード&ジャンルでYouTubeを次々と連続再生&独自のリスト作成などの機能も豊富な「Tubalr」 - GIGAZINE

YouTubeに対するバイアコムの著作権訴訟はまたしてもYouTubeに軍配 - GIGAZINE

88

in ネットサービス,  メモ, Posted by darkhorse_log