約300kg×27個の超巨大ジェンガを4台の重機で本当に遊ぶムービー


工事現場の横を通るとよくショベルカーなどの重機によって作業が行われているのを見かけますが、「一体どれほどの性能を持っているのか?」ということを証明するべく、重機を使って1ブロックの重量が約300kgの超巨大ジェンガを実際にプレイするパフォーマンスを重機メーカーの世界最大手「Caterpillar(CAT)」が行っています。

Cat | Built for it | Caterpillar
http://www.cat.com/en_US/built-for-it.html

重機で超巨大ジェンガをプレイしているムービーは以下から見ることができます。

Built For It Trials - Stack: Largest JENGA® Game Played with Cat® Excavators - YouTube


高く積み上げられた巨大ジェンガ。その傍らには……


世界最大級の建機・重機メーカーCaterpillar(CAT)の全長9.53メートル、全幅2.8メートル、約3メートルのアームを備えた油圧ショベル「320E」が登場。


次に現われたのは約5000kgの定格負荷容量を持つテレハンドラー「TH514C


約1400kgの土砂をスイスイ運ぶマルチテレーンローダー「277D


繊細かつ強力なハンドで機材を運搬するホイールエクスカベーター「M316D


そしてバケットを装着した大型油圧ショベル「349E」がサイドをガッシリとサポート。


全機がジェンガの回りに集結すると圧巻。


指揮官となる男性がどのようにブロックを抜いていくのか指示を出しています。


超巨大ジェンガのブロックは全部で27個。


ブロックは1つあたり272kg。うっかりブロックを落としてしまうと危険すぎる重量です。


総重量は8.1米トン(7.3英トン)と、ちょっとした建造物並み。


どのようにブロックを積み替えていくのかというと、運搬用の鉄板をゆっくり差し込んで……


ホイールエクスカベーターに引き渡し、アームで上に持ち上げています。


頂上まで運んで置いていきます。置くときは落差があるのでドシン!と強めの振動が起きてしまっており、そっと置くことはできない様子ですが……


設置場所がずれてしまった時はショベルの端をそっと当てて位置を調整する精密さは持ち合わせています。


同じ作業を繰り返していると向こう側がコンニチハ!人のサイズから巨大なブロックであることが実感できます。


高いところは先を外した油圧ショベルの接続部を使って器用にブロックを押し出します。


離れて見るとまるでミニチュアのオモチャのようですが、相当な技術力が必要とされるはず。


きわどいブロックを抜き出す場面は思わずヒヤヒヤさせられます。


次はどこにするか慎重に計算する指揮官。普通のジェンガの気軽さではとてもプレイできません。


職人の技術力と高性能の重機によってジェンガはどんどん積み上げられていき……


もう抜き出せる真ん中の安全地帯はほとんどない状態に。


すると最下部の端っこのブロックを抜き出し始めました。重圧がかかっているためズレてしまう部分はローダーのアームがガッシリサポートしています。


1つ目は成功。


最下部の2つ目を抜き出すと……


重心がずれており、「これはもうダメだ……」と思うもののブロックに重量があるためか意外に崩れません。


しかし、頂上にブロックを置く時にどうしても衝撃が発生してしまいます。


ゆっくりすぎてわかりにくいものの、「何やらナナメになっているような……?」と思っていると……


指揮官が「ヤベエ!逃げろ!」と言わんばかりに撤退の指示を出しています。


その次の瞬間、轟音を立てて巨大なジェンガがついに崩れてしまいました。


「仕事を終わらせるための設計。それが『どんな物』であっても。」


崩れたジェンガの回りに集まる重機は心なし悲しんでいるようにも見えますが、ここまで積み上げられたこと自体が驚きの、重機たちによる巨大ジェンガを使ったパフォーマンスとなっていました。


なお、このパフォーマンスの舞台裏を収めたメイキングムービーは以下から見ることができます。

Built For It™ Trials - Stack: Behind the Scenes - YouTube


パフォーマンスのための舞台作りが行われています。もちろん裏方作業もCATの重機が実施。


ジェンガをプレイするために積み上げているところはこんな感じ。


事前に普通サイズのジェンガを使って、本番でどのように抜き出していくかが打ち合わせされています。


本番ですぐに失敗するわけには行かないので、前もって練習も行われていたようです。


運転席にはハンドルやレバーがついており、熟練の技で巨大な物資をつかんだり移動したりできるわけです。


運転席から本番の様子を映しています。


それぞれの連携プレーがなければできない作業ですが……


全員が真剣に操作しています。


かなり危険な作業ですが、工事現場で見かける重機たちの秘められた性能を垣間見ることができるパフォーマンスとなっていました。

・関連記事
1万2000個のジェンガで作られた塔に起きた悲劇 - GIGAZINE

世界最大240メートルの自走車両「バケットホイールエクスカベータ」 - GIGAZINE

建設現場にあるような重機を遊園地のアトラクション風に活用するムービー - GIGAZINE

2本腕を持ったロボのようなド迫力の超重機「アスタコNEO」ペーパークラフトを作ってみました - GIGAZINE

重機が巨大アームで自動車を半分にひねりちぎるムービー - GIGAZINE

35

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log