コスプレした外国人女性がたった数分で肩こりを撃退してくれる「古式腱引き」を体験してみました


人間の体は無数の骨と筋肉により構成されており、その骨と筋肉の接点の筋肉側を「腱」と呼びます。腱は運動や日々の姿勢、突然の衝撃などで収まっていた位置からズレたりねじれたりしてしまうことがあり、これにより全身の骨格がゆがみ、体に違和感や痛みが生じたりするそうです。そんな腱の「ズレ」を正しい位置に戻すのが「腱引き」で、以下の症状に効果ありとのこと。

腰痛、ぎっくり腰、肩こり、肘・膝の屈伸不全、四十肩、五十肩、顎関節の開放不全、股関節の開放不全、捻挫、坐骨神経痛、顔面神経痛、肋間神経痛などの神経痛、バネ指などの関節不全、生理不順、生理痛、全身倦怠、寝違え、ムチウチ症、自律神経失調症、拒食症、うつ病、便秘など

そんな腱引きを昔から伝承してきたのが「筋整流法・古式腱引き」で、これの徳島道場がマチ★アソビ Vol.12で出張営業を行っており、ここではヘタリアのハンガリーのコスプレをした外国人初の公認腱引き師・ビッキーさんが施術を行ってくれるとのことだったので、実際に施術してもらってきました。

古式腱引き 筋整流法
http://kenbiki.jp/

これが古式腱引き・筋整流法の徳島道場マチ★アソビ派出所。


しかし留守中でした。


マチ★アソビ派出所での施術料金は500円。


ブースに誰か来るまで置いてあったパンフレットを読みながら待つことに。


ふむふむ、なるほどよくわかりません。と思っていたところ、腱引き師さんたちがブースに戻ってきました。


というわけで早速腱引きしてもらうことに。まずは「施術同意書」に記入し500円を支払えばOKで、後はブースに置いてあるパイプイスに座って5~10分程度の施術を受けるだけ。


具体的にはこんな風にハンガリーのコスプレをしたビッキーさんが手や腕をモミモミしてくれるわけです。


モミモミモミ


コスプレをしていますが施術時は真剣そのもの。


指先・手・腕と徐々に位置を変えていき……


至る所にある腱を触って確認するような感じ。


腕への施術が終わると腕を後ろに回すよう促され、そのまま肩胛骨辺りをグイグイっと押されます。


そして時にはゴリゴリゴリっと強めに指圧。


今回施術を行ってくれたビッキーさんは、初の外国人公認腱引き師とのこと。腱引き師の資格を取ろうと思ったきっかけを聞いてみると、「空手を習っていた際に膝を痛めてしまい、いろんな病院や鍼灸院などに通ってみたのですがさっぱり治りませんでした。そんな時に知り合いから『腱引き』について教えてもらい、施術を受けてみたところ、長年悩まされていた膝の痛みが5分で引いたので、これは習うしかないと思い立った」とのことです。


マチ★アソビで行っている施術は肩のコリや痛みを解消するためのものですが、道場ではその他にも腰痛や膝の痛みに効く施術なども行っているそう。


マチ★アソビ初日の5月3日には約40人程度が腱引きを体験しにやってきたそうで、その9割方が「肩が軽くなった」と言ってくれたとのこと。ただし、腱の位置を直すものなので、ものすごく肩が軽くなる場合もあれば、あまり施術の効果を感じられないと感じる人もいるわけで、その点には注意が必要です。

・関連記事
「マチ★アソビ Vol.12」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「恋姫†英雄譚」などの美少女ゲームのキャラクターたちに360度包囲される「美少女ゲーム パネル展」 - GIGAZINE

キルラキル・アイマス・おへんろ。などのイラストを船で巡る「橋の下美術館」 - GIGAZINE

「健全ロボ ダイミダラー」の健全すぎる舞台裏をリッツ役の洲崎綾さんが語る - GIGAZINE

2014年新作阿波おどりポスターは「Fate/stay night」のセイバーやアーチャーが阿波おどり - GIGAZINE

撮影・録画OKという異例のアニメイベント「おへんろ。 ファーストステージ」 - GIGAZINE

個人向けダンボール防音室「だんぼっち」の中で声優プロデューサーになってみた - GIGAZINE

一日駅長が特急を見送るイベントで声優・徳井青空さんが駅長就任 - GIGAZINE

アイマス「天海春香」とニセコイ「桐崎千棘」が観光案内してくれるロープウェイに乗ってみました - GIGAZINE

57

in 取材,   アニメ, Posted by logu_ii