最新デジタル機器が子どもたちに与えている影響とその対処方法とは

By Devon Christopher Adams

2010年頃から急激に普及したタブレットPCは、手軽に多くの情報を入手できる便利なツールであると言えます。しかし、便利さがゆえに人間社会に与える影響が大きいということも事実で、特に幼児や子どもがタブレットPCを利用することに関しての是非は専門家でも意見が分かれており、社会に与える本当の影響はこれから明らかにされていくものとみられています。

そんな中、イギリスの教員講師協会(Association of Teachers and Lecturers:ATL)の発表では、子どもがタブレット端末に強く依存することによる悪影響と、それに対処するための方法が語られています。

Infants 'unable to use toy building blocks' due to iPad addiction - Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/education/educationnews/10767878/Infants-unable-to-use-toy-building-blocks-due-to-iPad-addiction.html

◆タブレットPCが与える影響
ATLが明らかにしたところによると、iPadを器用に使える3歳から4歳の子どもは、画面を指でスワイプすることはできてもそれ以外の指先の器用さには著しい低下がみられるとのこと。そしてさらに上の年齢層の子どもについても、タブレット端末に過度に接することによって記憶能力が大きく影響を受け、従来型の紙と鉛筆によるテストを最後までやりぬくことができないケースが多くみられると警告を発しています。ある医師からの報告によると、2013年には衝動的行動に対する治療を必要とする人の数が増加しており、これには4歳になったばかりの子どもが含まれていることも明らかにされています。

By Thomas Ricker

ATLのカンファレンスで北アイルランドで小学校の教師をしているコリン・キニーさんが発表した内容では、前日の夜にタブレットPCでゲームを遊んでいた子どもたちは、学校に来ても集中力が極めて乏しくなっていることが明らかにされています。また、現場の教師からは、画面を器用にタッチして操作することはできても単純なブロックの積み上げができない子どもが増えていること、さらにそんな子どもたちの親は、タブレット端末を器用に使いこなす我が子たちの能力を自慢げに語っているという状況を危惧する声が挙がっていることを明らかにしています。

また、キニーさんは現状の危険性について「タブレットPCが一瞬のうちに結果を与えてくれるという便利さは、子どもたちの教科書から学ぶ力を低下させ、『天才的なコンピュータースキル』と引き替えに従来の紙と鉛筆から学ぶ能力を失っている」と指摘しています。

By Michael Coghlan

キニーさんと同じ北アイルランドの教師であるマーク・モンゴメリーさんは、タブレット端末に過度に接することは、子どもたちの体重増加や攻撃的な行動、疲れやすさ、マウスなどを長時間使い続けることによるマウス症候群への関連性が見られることを発表しました。

◆タブレットPCにおぼれさせないための取り組み
タブレット端末中毒に陥っている子どもに対処するため、ATLは教師と保護者向けに新しいガイドラインを策定するプランを承認。その中では、保護者に対して子どものタブレットPCの使用を制限すること、そして夜間には自宅のWi-Fiをオフにしてタブレット端末に過度に依存させないための取り組みを行うように要請しています。

モンゴメリーさんは、「テクノロジーを賢く生産的に活用し、子どもたちに悪い影響を与えないこと、タブレット端末中毒にさせないこと、そして攻撃的、反社会的な行動を取らせないことが私たち教師の使命です」と語ります。さらに、テクノロジーをうまく活用することについて「レンガが手元にあれば、それを使って窓ガラスを割ることもできますが、逆に家を建てることもできます。それと同じことが最新のデジタルテクノロジーについても言えるでしょう。私たち教師は子どもたちに良いテクノロジーの使い方を伝え、前向きな経験を得られるようにする必要があります」と述べています。

最新のデジタル機器が便利なのは間違いない事実ですが、その便利さにおぼれてしまうと逆の悪い結果を招いてしまいかねないということを頭の片隅において賢く利用することが求められています。

By Alexander Iwan

・関連記事
教室の環境デザインが子どもの学習率に25%も影響することが研究で判明 - GIGAZINE

不安や心配は高いIQとリンクしているという調査結果が明らかに - GIGAZINE

電子書籍は本嫌いの子どもの読書を促進する可能性を秘めている - GIGAZINE

子どもが創り出す「架空の友達」の存在は問題解決能力を高めるのに有効であることが判明 - GIGAZINE

Rubyの基礎を子ども向けに解説した絵本「Hello Ruby」 - GIGAZINE

87

in メモ, Posted by logx_tm