丸亀製麺の塩味ベースうどん第2弾「鶏塩ぶっかけうどん」を食べてみた


丸亀製麺は2014年3月に初めて塩味ベースのだしを使ったぶっかけうどんを発売しましたが、その第2弾として鶏塩ぶっかけうどんを4月23日(水)に発売しました。第一弾の完成度がかなり高かったので、第二弾も試してみるべくお店に行って食べてきました。

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」3月19日(水)より『あさりおろし塩ぶっかけうどん』4月23日(水)より『鶏塩ぶっかけうどん』新たに“塩ぶっかけ”を期間限定発売!
〔PDF〕
http://www.toridoll.com/ir/pdf/140225_1.pdf

丸亀製麺に到着。


店頭の目立つ位置に釜揚げうどんの桶、製麺機が置かれていました。


お店に入ると、鶏塩ぶっかけうどんの看板を発見。


セルフ形式で注文します。


うどんを茹でるスペースも用意されていました。


鶏塩ぶっかけうどんを注文すると、店員さんはうどんの麺を締め……


塩味ベースだしをうどんにかけて提供してくれました。


お会計をすませ、ショウガ・青ネギ・天かすを受け取りテーブルへ。


薬味と鶏塩ぶっかけうどん(税込380円)はこんな感じ。


鶏塩ぶっかけうどんには冷たい塩だれスープがたっぷりと注がれており、蒸し鶏・水菜・たまねぎ・レモンが添えられています。


ほぐしてあり、バンバンジーっぽい見た目。


水菜とたまねぎは結構多めに載っていました。


レモンはちょうど良さそうな量。


茶色っぽい出汁には少し脂が浮いており、麺は光沢があります。


まずは出汁とうどんのみで味わってみると、上品ながら力強い出汁と鶏の味が感じられスープと麺との相性はグッド。冷製のうどんながら、脂が固まってしまったりしていることはありませんでした。


とりにはゴマや塩などで味が付けられており、見た目通りバンバンジーに載る鶏のような味。丸亀製麺の運営母体トリドールは鶏肉専門店から始まった歴史がありますが、このうどんに載る鶏自体のクオリティはいたって普通。


水菜はシャキシャキとした食感で、たまねぎは辛味がほとんどなくよくタレの味と合っています。


ある程度食べたら、レモンを搾ってみます。


レモンが加わることで、よりあっさりと食べることができ、だしはやや多めですがサラダっぽい感覚で食べられます。


さらに3種類の薬味を投入。


ピリッとしたショウガの辛味・天カスのコクなどが加わるものの、だしの鶏の味がやや強めなので大きく印象は変わりませんでした。このトッピングは多くの丸亀製麺で無料で取り放題です。


鶏塩ぶっかけうどんは5月27日(火)までの期間限定販売。第1弾の「あさりおろし塩ぶっかけうどん」の満足度が非常に高かったため、比較するとちょっと落ちる感がありますが、それでも並380円、大480円でこれが食べられるのはなかなかのもの。普段はうどんよりラーメンや冷やし中華を選ぶという人も1度試して欲しい品です。

・関連記事
丸亀製麺初の塩味ベースだし使用「あさりおろし塩ぶっかけうどん」を食べてきました - GIGAZINE

好きなだけ天ぷらを盛りつけたりして理想のうどんを追求できる丸亀製麺公式アプリを使ってみました - GIGAZINE

丸亀製麺でざるうどんの竹すだれ部分の裏側がカビだらけだったことが発覚、公式に謝罪 - GIGAZINE

関西の讃岐うどんの草分け的存在「はがくれ」で冬季限定メニューや冷たい「生じょうゆ」などうどん三昧してきました - GIGAZINE

第3回うどんサミットで15杯のご当地うどんを食べまくってきました - GIGAZINE

49

in 試食, Posted by darkhorse_log