CarPlay対応カーナビをパイオニアが発表、夏のファームウェア更新で対応される予定


カーオーディオ/ナビゲーションメーカーのパイオニアは車載向けiPhone機能のCarPlayに対応したモデルを発表しました。既存のモデルに対して夏頃をめどに行われるファームウェアアップデートで対応させることになっており、予定通り対応が進むと市販では最も速いCarPlay対応カーナビとなる見込みです。CarPlayはAppleが2014年3月に正式発表した機能で、車載向けに特化したiPhoneの機能を自動車のモニター上に表示させるシステムです。

Pioneer CarPlay
http://www.pioneer-carglobal.com/CarPlay/

Pioneer to upgrade 5 existing consoles for CarPlay, no new hardware required | Ars Technica
http://arstechnica.com/apple/2014/04/pioneer-to-upgrade-5-exisitng-consoles-for-carplay-no-new-hardware-required/

この発表を行ったのはパイオニアのアメリカでの関連会社であるPioneer Electronics (USA) Inc.で、対応が予定されているのは現在北米で販売されている以下の5機種。CarPlay対応のアフターマーケット商品としては、アルパインもCarPlay対応モデルを欧米で今秋発売することを発表していますが、予定どおり対応が完了すれば、パイオニアの製品が市販では最も早い対応モデルということになります。

AVIC-8000NEX:1400ドル(約14万3000円)


AVIC-7000NEX:1200ドル(約12万2000円)


AVIC-6000NEX:900ドル(約9万2000円)


AVIC-5000NEX:750ドル(約7万7000円)


AVH-4000NEX:700ドル(約7万1000円)


なお、日本での対応予定については、同サイト内では「Coming soon」となっているので、発表を待ちたいところです。

・関連記事
Appleが自動車向け新機能「CarPlay」を正式発表 - GIGAZINE

Appleの「CarPlay」をボルボで実際に操作しまくるムービーいろいろまとめ - GIGAZINE

Microsoftが車載向けに「Windows in the Car」を開発していることを発表 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   ハードウェア,   乗り物, Posted by logx_tm