アプリ上で写真を選ぶだけで簡単にカレンダー付きハガキが送れる「レター」を使ってみました


iPhone上で写真を選択し、贈り先やメッセージを入力するだけで、ハガキと一体化したその月のカレンダーが送れるアプリが「レター」です。送料込みで1通250円なのですが、初回は無料で送れるということなので、実際にカレンダーを送ってみました。

レター|お試し1通無料、両親が喜ぶカレンダーの便り
http://lttr.jp/



まずはApp Storeからアプリをインストール。


アプリを開くとこんな感じでサービスの概要が表示されるので、スワイプしつつ進んでいきます。


「レターを作る」をタップ。


カレンダーのレイアウトが表示されるので、「写真を選択」をタップ。


iOSの「写真」の中からカレンダーに使いたい写真を選択します。


必要な人は自動明るさ補正を選択し、「決定」をタップ。


カレンダーの色は全部で12色あるので、どの色が1番マッチするかを検討。選んだら「次へ」をタップします。


次はカレンダー裏面に記入する送り先やメッセージを入力します。「贈り先を入力」をタップ。


贈り先の住所を入力し、「保存して完了」をタップ。


メッセージを入力して「完了」をタップします。


さらに自分の住所を入力。


以下のようにカレンダー裏面の様子が表示されるので「次へ」をタップ。


「このまま購入」をタップします。


IDとしてのメールアドレスとパスワードを入力し、「登録」をタップ。


本体価格は無料ですが、送料分を支払う必要があるのでクレジットカード情報を入力して「お支払いを完了する」をタップします。なお、注文したのは3月なので、表示されている合計金額は消費税率5%となっています。


これで完了。カレンダーはだいたい1週間程度で届くようになっています。


そして、届いたカレンダーがコレ。大きさは幅9.7cm×高さ19.4cmです。


裏面には贈り主からのメッセージが記載されています。


カレンダーは透明なビニール封筒に包まれているので、ペリッと開封。


大きさはこのくらいです。


用紙は高級ヴァンヌーボ紙を使用しており、写真並みに高画質というわけではないのですが、黒猫のかわいさはしっかり表現されています。


なお、2通目以降は1枚250円(送料込み)。実際にハガキを出そうとすると結構手間がかかりますが、アプリ上で写真を選択してメッセージを書くだけであっという間に送れるので、離れている家族や友人に近況を伝えるのにピッタリなサービスです。

・関連記事
実際にポストに投函できる伝書バト型レターセット「LWA Pigeon Post」 - GIGAZINE

紙飛行機の形にデザインされた封筒セット「flying letter」 - GIGAZINE

自分宛に届いた手紙・封筒を自動車で回収してスキャンしiPhone・iPadなどから閲覧・整理できる「Outbox」 - GIGAZINE

出した手紙をバラバラにする、デストロイヤーなポストを使ったイタズラのムービー - GIGAZINE

フランスの警察がサンタにプレゼントを頼む手紙を出す - GIGAZINE

あなたの恋愛を分析して、初恋の人から甘酸っぱい手紙が届く無料サービス「初恋の人からの手紙」 - GIGAZINE

32

in レビュー, Posted by logq_fa