商用でも無料で使える2種類の日本語フォント「刻明朝」「刻ゴシック」


漢字に比べて平仮名・カタカナを幅ごと小さくデザインし、文章全体を表示させた時の統一感を重視したフォントが「刻」シリーズです。明朝体の「刻明朝フォント」とゴシック体の「刻ゴシックフォント」の2種類が用意されている「刻」シリーズは無料でダウンロードでき商用・非商用問わず自由に使用可能になっています。

フリーフォントの樹
http://freefonts.jp/

その字体が持つ雰囲気はもちろんのこと、両フォントが特徴としているのは仮名と漢字の大きさにアクセントを付けたデザイン。何行にもわたる長い文章を表示させたときに、紙面そのものが一つの模様であるような統一感のある美しさを演出するように作られています。

刻明朝体で文章を表示させるとこんな感じ。


漢字とかな文字のサイズの違いがメリハリを与えています。


一方の刻ゴシック体で同じ文章を表示させたらこんな感じ。ページ全体から受ける印象は、刻明朝体と大きく異ならないようです。


アップにしてみると、ゴシック体らしいスッキリとしたイメージが感じられます。


刻明朝体のかな文字を並べてみるとこんな感じ。ベースとなる「IPAex明朝/IPAexゴシック」フォントにオリジナルの文字を加え加工したもので、ロマンチックな雰囲気、落ち着きあるクラシックなイメージを演出することができます。


アルファベットや数字はオーソドックスなスタイルになっているようです。


刻ゴシック体は「M+(エムプラス)フォント」「IPAex明朝/IPAexゴシック」フォントにオリジナルの文字を加え加工したもの。モダンな雰囲気を持ち、さわやかなイメージを演出することができます。


こちらもアルファベットや数字はオーソドックスな仕上がり。


ちなみに、「刻明朝フォント」と「刻ゴシックフォント」がベースにしているのは、誰でも無料で使えて個人利用をはじめ、商業目的での利用、フォント内容の改変、改変後の再配布にも制限のない「M+(エムプラス)フォント」および「IPAex明朝/IPAexゴシック」フォントです。

・関連記事
無料で商用利用可能なスタイリッシュかつシンプルなフォントいろいろ - GIGAZINE

中二病や黒歴史っぽいカッコよさとインパクト重視のフリーフォント集 - GIGAZINE

製品ロゴなどに使われているおなじみのフォント集 - GIGAZINE

ひっかき傷風のかっこいいフォントいろいろ - GIGAZINE

映画のタイトルロゴを模したフォント集 - GIGAZINE

612

in デザイン, Posted by logx_tm