試食

もちもち食感の不思議なパンケーキ「ダッチベイビー」とは一体どんな食べ物なのか?


フカフカ系のパンケーキやフワッとしたパンケーキなど、お店によってパンケーキの食感や味付けはさまざまですが、ペッチャンコかつもちもちした生地のドイツ系パンケーキ「ダッチベイビー」を扱うのが2013年に日本に初上陸したオリジナルパンケーキハウス。味付けはホイップバター・レモン汁・粉砂糖という、ちょっと変わった組み合わせのパンケーキを食べてきました。

日本初上陸!オリジナルパンケーキハウス
http://www.pancake-house.jp/

「ダッチベイビー」を販売するオリジナルパンケーキハウスがあるのは東京の丸井吉祥寺店1階。


12時ごろお店を訪れると、お昼時ということもあって待っている人が結構いました。


先にメニューを受け取ります。なお、この時は大体20分ほどでお店に入ることができました。


オリジナルパンケーキハウスは1953年にアメリカ・オレゴン州で創業されたお店であり、店内はカントリーな内装です。


壁には当時の写真が飾ってあります。


注文して数分、やってきたのがコレ。頭の中に描いていたパンケーキとかなり違う見た目です。失敗してペチャンコになったスフレのようにも見えますが、オーブンで焼き上げたジャーマン風だとのこと。


ここに、店員さんがホイップバターを載せてくれます。


生地全体にぬりぬり。


さらに、パンケーキにはレモンが3きれついてくるので……


自分で量を調節しつつレモンを絞りかけます。


さらに店員さんが粉砂糖を上から振りかけてくれたら……


完成です。


粉砂糖やレモンをかけているうちに、もっこりしていた生地の端はすこしボリュームが小さくなりました。


iPhone 5と比べるとこれくらい。結構大きいです。


生地の上では溶けたバター・レモン・粉砂糖が混ざり合っています。


ナイフを入れてみると、全くフワフワしておらず、薄い生地が何枚も重なっている感じ。


食べてみると、生地自体は素朴な優しい味付けなのですが、バターの風味・砂糖の甘さに加え、レモンがかなりいいアクセントになっています。見た目の通りふわっとした食感は全くなく、生焼け一歩手前のモッチリ感。どちらかというと、厚めに焼いたクレープに近く、もちもちとした食感と素朴かつさわやかな味を楽しめます。


生地の断面はこんな感じ。


バターはトロ~と溶けていますが、生地自体がアッサリしているのでくどくはありません。


粉砂糖とレモンは好みで追加可能。


真ん中の方はペラペラになっています。


価格は税込1280円。オリジナルパンケーキハウスにはダッチベイビーを始めとするスイーツ系のパンケーキの他にポテトやベーコンのパンケーキ・オムレツなどもあるので、何人かで来てシェアしつつ色んなパンケーキを楽しむと良さそうです。

・関連記事
極厚のパンケーキとかき氷が名物メニューの「雪ノ下」に行ってきました - GIGAZINE

山盛りホイップクリームのパンケーキを関西初上陸のEggs ‘n Thingsで食べまくってきました - GIGAZINE

フカフカ生地のパンケーキを食べに「パンケーキ専門店Butter」へ行ってみた - GIGAZINE

ふんわりミルク風味のパンケーキを食べに「mog」難波店に行ってきました - GIGAZINE

「パンケーキ専門店Butter」でフカフカのパンケーキなど朝食限定メニューを食べてきました - GIGAZINE

in ピックアップ,   試食, Posted by logq_fa