お鍋一杯のムール貝のワイン蒸しを心ゆくまで堪能できる「Belgo Centraal」


多種多様の人種が集まるイギリスの首都ロンドンは、イギリスだけでなく、インド・フランス・スペイン・中国など世界各国の料理を楽しむことができます。ロンドンに数多くあるレストランの中でもベルギー料理を堪能できるのが「Belgo Centraal」で、お鍋一杯のムール貝のワイン蒸しをベルギービールと一緒に食べられるとのことなので、実際に行ってみました。

Belgo - The world's greatest Belgian restaurants
http://www.belgo-restaurants.co.uk/

Belgo Centraalはロンドンの中心部にある地下鉄「Covent Garden」駅から徒歩3分の場所にあります。


赤い外観が目立つBelgo Centraalに到着。


入店すると細い通路の先に受付があります。


テーブルが準備できるまで待合室で少し待機。待合室では、飲み物を注文することが可能。


1分ほどすると、店員さんが地下に案内してくれます。


階段下にはキッチンがあります。


横長のテーブルがズラーッと並んだ店内。


席に着いたらメニューを手渡されました。今回は1kgのムール貝を白ワイン・セロリ・ニンニク・タマネギで蒸した「TRADITIONELLE」という料理を注文。


こちらがビールのメニューで、ムール貝と一緒にベルギービールを注文してみます。


メニューは分厚く、合計65種類のビールがあるそうです。


メニューはベルギービール中心。


ビールにも関わらずアルコール度数が12%の「BUSH」はベルギービールの中でも一番強いモノとのこと。


店員さんが勧めてくれた「KRIEK BOON」というチェリービールを注文してみました。


KRIEK BOONは少し甘めでチェリーの風味がさわやかな感じ。これならビールの苦手な人でも飲めそうです。


注文してから10分ほどで大きな鍋とフライドポテトがテーブルに運ばれてきました。


フタをパカリと開けると、ムール貝がワンサカ。


オレンジ色のムール貝はプリッとしています。


ムール貝はセロリ、タマネギと一緒に蒸されていました。


片手で殻を持ってムール貝をズルッと一口で食べると、貝のうまみ、白ワインのあっさりとした味わいが、ほんのり香るニンニクと合わさりかなりグッドです。


食べ終わった後の殻は鍋のフタの中にポイッ。


こちらは付け合わせのフライドポテト。


フライドポテトは皮が少し厚めでカリッっとしています。


ムール貝をどんどん食べ進めていくと白濁色のスープが見えてきました。


スープをムール貝の殻ですくって一緒にたべると、より濃厚な味わいを楽しめます。


スープだけ飲んでみるとちょっと塩味がきつめ。


どんどん食べ進めるとお鍋のフタが殻で一杯になりました。


1kgのムール貝を全て完食。おなかはかなり膨れたものの、「もう食べられないくらい」というくらいではありません。なお、TRADITIONELLEは1人前12.95ポンド(約2200円)で、チェリービールのKRIEK BOONは6.50ポンド(約1100円)です。

・関連記事
エイリアンのような外見の巨大な貝「グイダック」 - GIGAZINE

新鮮な生ガキ・焼きガキが90分間食べ放題の「かき小屋フィーバー1111」に行ってきました - GIGAZINE

刺身もウニ丼も作ることができるチリの魚市場に溢れる海の幸 - GIGAZINE

120分間焼き牡蠣食べ放題の「かき焼きわたなべ」に行ってきました - GIGAZINE

カキフライ・生牡蠣・焼牡蠣食べ放題「GUMBO&OYSTER BAR なんばパークス店」に行ってきました - GIGAZINE

29

in 試食, Posted by darkhorse_log