Appleの「CarPlay」をボルボで実際に操作しまくるムービーいろいろまとめ


AppleはiPhoneと連動させることで車内でさまざまな操作をハンズフリー・アイズフリーで実現できる新機能「CarPlay」を発表しました。そのCarPlayを使って、電話をかけたり、メッセージを送ったり、音楽を聴いたり、カーナビ機能を使ったりする様子が、続々とムービーで公開されてきています。

Apple - CarPlay
https://www.apple.com/ios/carplay/

ジュネーブモーターショー2014で公開されたボルボの「Concept ES」に搭載されたCarPlay対応デバイスを操作する様子は以下から。

HMI & Apple Carplay Geneva Motorshow 2014 on Vimeo


Concept ESにはナビゲーションのようなディスプレイが搭載されており、このディスプレイを使ってCarPlay機能を操作できます。


これがCarPlayのホーム画面。このホーム画面を起点としてあらゆる機能を操作可能。


「Phone」をタップすると……


Siriが起動して「どちらにおかけですか?」と尋ねるので……


電話したい相手の名前を告げると……


電話をかけられます。当然、ハンズフリーで通話OK。


画面左下にある白色の丸いアイコンは「ホーム」アイコンで、ホーム画面へ戻ることのできる「iPhoneのホームボタン」のような役割をします。


Siriによる電話帳検索だけでなく、通話履歴やキー入力を使った検索も可能です。


ホームボタンをタップ。


「Music」をタップ。


iTunesのRadioやiPhoneのプレイリストから音楽を再生することが可能です。


音楽の再生画面はこんな感じ。


次に「Maps」をタップ。


iOSでおなじみの地図アプリが表示されます。


もちろん、ナビゲーション機能もあり。「Destination」をタップ。


場所の履歴がずらりと表示されました。この履歴には地図上にピン留めした場所だけでなく、メールやメッセージアプリなどで登場した場所も現れます。


「検索」アイコンをタップ。


Siriが登場して「どちらへお出かけですか?」


「美術館をさがして」と話しかけると……Siriは「付近に12の美術館があります」


Siriが上げた候補の中から好きな場所を選ぶと……


ルート案内がスタートします。


さらにCarPlayでは「メッセージ」アプリをハンズフリー・アイズフリーに近い状態で利用できます。


「誰にメッセージを送りますか?」とSiri。


目当ての人の名前を告げると、「メッセージをどうぞ」とSiri。


メッセージを伝えると、確認のためにSiriが内容を読み上げてくれます。


「これで送信しますか?」と尋ねられるので「Send(送信)」をタップすればメッセージを送信してくれます。「運転中にスマートフォンで文字入力」という至難の業をいとも簡単に実現できるというわけです。


早くも相手から返信が来ました。返信されたメッセージをタップ。


Siriが返信メッセージを読み上げてくれるので、画面に表示される文字を目で追うことなくメッセージの内容を確認できるというわけです。


Siriが「返事をしますか?」と尋ねてくれるので、「Send」をタップするか「しないよ」と話しかけて、希望を伝えればOK。


なお、Concept ESに搭載されたCarPlayは、AppleのiTunesと競合する音楽配信サービス「Spotify」にも対応しています。


メルセデスベンツもCarPlayの採用をすでに発表、そのコンセプトムービーを公開しています。

mb 140303 apple carplay en - YouTube


車に乗り込む男性。


まず最初にすることは……


コンソールからライトニングケーブルを引っ張り出して、自分のiPhoneとの接続作業。CarPlayはiPhoneを接続することで利用可能になる機能です。


メルセデスベンツは、センターコンソールに写真のようなダイヤル付の入力装置を装備しており、これでCarPlayでの各種操作を実行できる模様。


写真の☆マークが付けられたボタンとダイヤルを使って操作するスタイルです。


ディスプレイに映るのがCarPlayのホーム画面。


入力装置でアイコンを選択・クリックして……


Siriに話しかけることで、さまざまな機能を使えるのはボルボと同じ。


電話をしたり……


メッセージを確認して返信したり……


ナビ機能を使ったり……


好きな音楽を探して再生したり……


すべての操作をSiriが手伝ってくれます。おかげでドライビングしながら安全に操作が可能となっています。


次はボルボのCarPlayのコンセプトムービー。

Volvo and Apple CarPlay - YouTube


大きなタッチパネルで操作を行います。


アシスタントはもちろんSiri。


ナビゲーションや……


音楽の検索・再生が可能。


画面下の温度は車内の設定温度。


温度調節もタッチパネルで簡単に操作できます。


CarPlayの登場によって、ドライビングをしながらさまざまなマルチメディア操作が可能になることから、車内の運転風景が劇的に変わっていきそうです。

・関連記事
Appleが自動車向け新機能「CarPlay」を正式発表 - GIGAZINE

Appleが開発中のiPhone連動カーナビアプリ「iOS in the Car」のデモムービーが登場 - GIGAZINE

Appleの次の一手は「電気自動車」と「医療機器」分野への進出である可能性が増大 - GIGAZINE

「2014年には大きな計画がある」とAppleのCEOがメール内で明かす - GIGAZINE

Appleが過去最高の売上を発表、日本ではiPhoneが69%のシェアを獲得 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア,   乗り物,   動画, Posted by logv_to