×
取材

いろんなサイズの写真フィルムを簡単にデジタル化できる「PENTAX フィルムデュプリケーター(仮称)」


日本最大級のカメラと写真のイベントCP+2014には最新のコンパクト・デジタルカメラやデジタル一眼レフカメラなどが展示されていますが、一昔前に撮影した写真のフィルムを簡単にデジタル化できる「PENTAX フィルムデュプリケーター(仮称)」という一風変わった商品も展示されていました。

カメラと写真映像の情報イベント『CP+2014』での参考出品について|RICOH IMAGING
http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2014/20140206_004691.html

これが「PENTAX フィルムデュプリケーター(仮称)」。あらかじめカメラをセットした状態で展示されていました。


これにデジタル一眼カメラと外付けフラッシュをセットして使えば、フィルムのデジタル化が簡単にできてしまうというわけ。使用可能なフィルムのサイズは35mm判(24mm×36mm)からブローニー判(60mm×90mm)まで。


カメラはこの台座部分にセットします。


セットするとこんな感じ。


台座にマウントしたカメラで使えるストロボライトをPENTAX フィルムデュプリケーター(仮称)の先端部分に装着。


そんなわけでPENTAX フィルムデュプリケーター(仮称)を使って写真フィルムをデジタル化してみることに。今回はこの写真フィルムをデジタル化します。


単体のフィルムの場合、こんな感じの黒色の板2枚でフィルムを挟み込み……


本体上部から本体にセットします。


複数のフィルムがつながっている場合は、こちらのフレームで……


パカリと押さえつけ……


フレームにはめ込み……


本体左側面からフィルムを挿入すればOK。


次に黒色蛇腹部分を伸ばし、写真フィルムにカメラのピントが合うよう調節。


そしてピントが合ったらパシャリ。


するとこんな感じで写真フィルムを無事デジタル化することに成功しました。デジタルカメラにはない雰囲気が写真からあふれ出ているような出ていないような……。


PENTAX フィルムデュプリケーター(仮称)はフィルムの端に記録されている撮影日時などのデータも一緒にデータ化することが可能。


なお、PENTAX フィルムデュプリケーター(仮称)の発売時期は未定となっています。

・関連記事
日本最大級のカメラ・写真イベント「CP+2014」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

オリンパス「M.ZUIKO PRO」シリーズ初の広角ズームレンズ&単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm - GIGAZINE

リコーの中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D 2014(仮称)」がCP+2014にて展示中 - GIGAZINE

画質を突き詰めた結果の3次元異形デザイン、SIGMA「dp Quattro」3モデルフォトレビュー - GIGAZINE

4Kムービーが撮影できる世界初のミラーレス一眼カメラ「LUMIX GH4」実機写真 - GIGAZINE

世界初ドットサイト照準器搭載の光学50倍ウルトラズームカメラ「STYLUS SP-100EE」 - GIGAZINE

ニコンの次世代フラッグシップ一眼レフカメラ「D4S」がCP+2014に登場 - GIGAZINE

世界最速の0.06秒高速AFを実現したソニーのミラーレス一眼「α6000」実機写真 - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア, Posted by logu_ii