DELLが今週中に1万5000人の従業員を世界的規模で解雇することが判明

By Vernon Chan

2013年末に世界的規模で希望退職の募集を行ったDELLが、今週中に1万5000人の従業員を解雇することが明らかになりました。

Private pain: Dell layoff bloodbath to hit over 15,000 staffers – insiders • The Register
http://www.theregister.co.uk/2014/02/03/dell_layoff_bloodbath/


DELLの内部関係者によって、DELLが世界的規模で1万5000人の従業員をlayoff(レイオフ)する方針であることがリークされています。日本では「レイオフ」というと業績回復のために人件費を抑える目的でなされる「一時休暇措置」を意味することが多いものですが、アメリカのハイテク産業におけるレイオフとは、業績悪化による集団解雇を意味しており、再雇用は想定されていないことに注意が必要です。つまり、今回、DELLは業績不振を理由に従業員を大量解雇するということで、内部告発者がこれを「大量殺戮」と表現しているのもうなずけるところです。

DELLは、モバイル端末市場への出遅れとPC部門の不振が重なり業績が急速に悪化していることから、Linuxベースのネットワーク装置販売大手のCumulus Networksと提携を発表するなど、今後は企業関連のクラウド・モバイル事業に注力する姿勢を示しています。今回のレイオフは、これらの法人サービスとは関連性の低い部門の人員を対象としており、解雇された従業員には、2ヶ月分の給料および有給分・ボーナスの75%分の支払・18ヶ月間のCOBRA健康保険料・転職支援サービスが与えられる見込みです。

・関連記事
シャープ、希望退職者を2000名募集したら2960名も集まり締切りを前倒しに - GIGAZINE

国が定めた「表向きの退職年齢」と「実際の退職年齢」を国家や男女別に比較したグラフ - GIGAZINE

「日本のゲームが持つ問題点」や「開発における日本とアメリカの明確な違い」を最前線にいる当事者がハッキリと語る - GIGAZINE

「先生やめないで!」、教師の一時解雇を止めるため3年間ためたお小遣いを全額寄付した小5女子 - GIGAZINE

Googleのエンジニア、未成年者4人の個人情報を盗み見たとして解雇に - GIGAZINE

107

in メモ, Posted by logv_to