メモ

マイクロソフトが過去最高売上を記録、Xboxが好調でSurfaceは増収赤字

By theseoduke

Microsoftが1月23日に決算報告書を発表し、四半期ベースで過去最高の売上高を記録したことが明らかになりました。

Microsoft Investor Relations - Press Releases
http://www.microsoft.com/investor/EarningsAndFinancials/Earnings/PressReleaseAndWebcast/FY14/Q2/default.aspx


Beleaguered Microsoft posts record revenue for Q2 2014 | Ars Technica
http://arstechnica.com/information-technology/2014/01/beleaguered-microsoft-posts-record-revenue-for-q2-2014/

報告書によると、2014年第2四半期(2013年10月~12月)の同社の総売上高は245億20000ドル(約2兆5300億円)で前期比13%増、純利益は65億6000万ドル(約6780億円)で前期比3%増と、いずれも四半期ベースでは最高規模のものになりました。

分野ごとに見ていくと、コンシューマー向け(Devices and Consumer:D&C)分野の売上は120億ドル(約1兆2400万円)で13%増加。中でも売上高47億ドル(約4850億円)と前期比68%増加の伸びをみせたハードウェアが目立つ結果となっています。

これは、好調な売上げを見せるXbox One(390万台)、Xbox 360(350万台)およびSurfaceシリーズ(台数未公表)が貢献しています。しかし、Surfaceシリーズ全体での売り上げ額は約8億3000万ドル(約857億円)と四半期ごとに倍増をみせていますが同様にコストも増加しており、今期のコストは9億3000万ドル(約960億円)とトータルとしては赤字に落ち込んでいることも明らかになっています。

By oligarh2

D&Cライセンス部門の売上高は54億ドル(約5580億円・6%減)と微減しており、これはPC市場の冷え込みが原因と見られています。ここにはWindows Phoneとスマートフォン向け特許料収入が含まれており、売上高は1年ごとに50%の増加を示して四半期ベースでは10億ドル(約1030億円)の規模となっていますが、Windows Phoneと特許料の内訳は明らかにされておらず、Windows Phone単体の実績は不明となっています。


「企業向け(コマーシャル)」の売上高は120億ドル(約1兆2400億円)と前期比10%増になっており、中でも2ケタ台の伸びを見せるSQL ServerとSystem Centerを含むコマーシャル・ライセンスが109億ドル(約1兆1260億円)の売上を記録しています。また、Office 365を主とするクラウド事業も好調に推移を見せました。

今後について同社では、ライセンス事業と業務用ハードウェアは好調が続くものの、コンシューマー向けハードウェアは苦戦が続くと予想しています。

・関連記事
トップレベルのIT企業はわずか1秒間でどのぐらい稼いでいるのか? - GIGAZINE

AndroidでMicrosoftが毎年なんと約1970億円も儲けている理由とは? - GIGAZINE

マイクロソフトが「Xbox One」のプロモーションでステルスマーケティングを行っていることが判明 - GIGAZINE

次期Windows OSとなる「Windows 9(仮称)」は2015年4月リリースか - GIGAZINE

HPがWindows8ではなくWindows7搭載PCの割引キャンペーンを開始 - GIGAZINE

Appleは直近第4四半期で3380万台のiPhoneを販売するも3期連続の減益であることが判明 - GIGAZINE

MicrosoftがXP向けの「Microsoft Security Essentials」のサポートを延長 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logx_tm