ゲーム

殺人者の心理がわかるゲーム「DayZ」が発売後1カ月で100万DLを突破した理由とは?


ミリタリーFPS「ARMA2」の「DayZ」と呼ばれるMODは、リリース直後からその特殊なゲームシステムが話題を呼び、プレイヤーは4カ月で100万人を突破、発売から3年経過していたARMA2をセールスランキングのトップに押し上げるという現象まで起こしました。2013年12月17日、ファン待望の「DayZ」スタンドアローン版が発売され、アルファ版にも関わらず販売開始から1カ月で100万ダウンロードを達成。爆発的なセールスを記録しているDayZの開発者が「どうしてここまで人気が出たのか」、その理由について考察しています。

"DayZ" Makes You Feel Every Murder You Commit. Can You Handle This? | Fast Company | Business + Innovation
http://www.fastcompany.com/3025201/most-creative-people/dayz-a-murder-simulator-psychology-study-and-zombie-game-tests-your-emo

DayZはFPS・TPSの両方に対応している、マルチプレイ・オープンワールドゲームです。プレイヤーはゾンビが徘徊する広大なマップで生き残る事を目的としてプレイ。生き残るためには、襲いかかるゾンビを倒すだけではなく、定期的に食事や水分を摂取したり、けがをしたら医薬品が必要になるなど、サバイバル要素も気にかけなければいけません。また、懸命に生き残ろうとしている他のプレイヤーが攻撃してくることもあり、まさに自分以外に味方のいないサバイバルゲームになっています。


通常のゲームであればプレイヤーが死んだり殺されたりするとセーブしたポイントからやり直せますが、DayZはプレイヤーが死んでしまうと今までに集めたアイテムなどを全て失う「Permadeath」というシステムを採用。このシステムは、「一度死んでしまうと今までの努力が全てゼロ」という尋常ではない緊張感をプレイヤーに与え、DayZの魅力の1つになっています。

DayZの開発者であるDean Hall氏によると、DayZのスタンドアローン版の販売を開始してからというもの、Hall氏のFacebookページにはプレイヤーから多くの感想が寄せられているとのこと。その中でもHall氏の胸を打ったのが、息子とDayZをプレイした父親からのコメントです。父親と息子は助け合ってDayZをプレイしながら、ゲーム内のある倉庫に物資を補給しに行ったそうですが、2人は倉庫付近で別プレイヤーがうろついているのを発見します。


2人は話し合った末に、二手に分かれて別のプレイヤーを挟み撃ちにする計画を立てました。息子と別れた父親が東の方向から倉庫に潜入すると、別のプレイヤーを発見。すぐさま攻撃に転じ、見事そのプレイヤーに重傷を負わせることに成功しました。父親が、ほっと胸をなで下ろしてそのプレイヤーに近づくと、それは他でもない自分の息子であることがわかります。自分の息子が操作するキャラクターが苦しんでいる様子を見た父親は、治療薬などを持ち合わせておらず、ただキャラクターが死んでいくのを見守るしかありませんでした。

Hall氏は、父親のコメントを読んで悲しい気分になりましたが、父親は「このゲームは素晴らしい。このような感情を持ったのは初めての経験です」とゲームを絶賛。また、この父親は普段ゲームをするような人ではなかったとのことです。

掲示板のredditにはDayZのスレッドがいくつも立てられていて、そこにはゲームを称賛する数々のコメントが投稿されています。「人種差別用語でなじってきた別のプレイヤーを殺したとき一種の正義感を感じた」や「自分がやられたとき、付近にいた友人がすぐに助けてくれ、本当の愛を感じた」など、一般的なゲームのコメントではあまり見られないコメントが投稿の多くを占めています。


「ゲーム内で初めて他のプレイヤーを殺したときの感情の変化に感動しました。このゲームは殺人者シミュレーターです」とコメントしたプレイヤーの投稿によると、当初は他のプレイヤーを殺したことに罪悪感を感じていたそうですが、だんだん「私が殺さなければ、殺されていたのは私の方だ」や「今まで私は何度も殺されてきた」などと、殺したことを正当化する感情が自分の中に芽生えたとのこと。このプレイヤーは「自分が持っている道徳観と犯した罪との間で苦しむような感覚は、他のゲームでは絶対に味わえない」とゲームを称賛し、「みんなやっているので問題ない、というリスキーシフトのような心理学的な要素を体験できるのがDayZの魅力である」と語っています。


Hall氏は「テレビゲームをプレイしていると誰しもが楽しいと感じます。けれども、私が作りたかったのは喪失感や恐怖、怒りを感じられるゲームなのです」とDayZ開発の原点について説明しています。なお、一般的なゲームにはない心理学的な要素を楽しめるDayZのアルファ版は、Steamから29.99ドル(約3140円)で購入可能です。

・関連記事
Minecraftが販売数3000万本をインディーズゲームから達成した過程とは? - GIGAZINE

革命を起こしたゲームDoomが20周年で当時のプログラマーが語る開発秘話とは? - GIGAZINE

ゾンビがどれぐらいの早さで感染していくのかシミュレートできる「Zombie Outbreak Simulator」 - GIGAZINE

墓石をタップしてゾンビを生産しまくるCookie Clickerのパロディゲーム「ゾンビクリッカー」 - GIGAZINE

「日本のゲームが持つ問題点」や「開発における日本とアメリカの明確な違い」を最前線にいる当事者がハッキリと語る - GIGAZINE

レトロゲームと現代のゲーム、グラフィックの進化を並べて比較 - GIGAZINE

ゲーム制作未経験から世界的ヒット作「ダークソウル」を生んだ宮崎英高氏にインタビュー - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log