チョコレート会社ハーシーズが3Dプリント技術を用いたお菓子開発を発表

by erin m

キャンディーや砂糖菓子を出力可能な3Dプリンターを公開した3D Systemsがチョコレート会社のザ・ハーシー・カンパニー(通称:ハーシーズ)と提携し、3Dプリントの技術を生かしてお菓子作りする方法を共同開発していくことが決まりました。

3D Systems and Hershey Team Up to Deliver 3D Printed Edibles - NASDAQ.com
http://www.nasdaq.com/press-release/3d-systems-and-hershey-team-up-to-deliver-3d-printed-edibles-20140116-00388

ハーシーズの副社長であるWilliam Papa氏はこの件に関して「イノベーションはハーシーズが人を引きつける商品を届けるための鍵だと考えています。全く新しい形のお菓子を作るにしても、そのお菓子を作り出す方法を開発するにしても、我々は今後3Dプリントの技術を使ってお菓子作りを行っていきます」と語っており、また3D Systemsの最高責任者であるChuck Hull氏は「3Dプリントの主流化は私たちの成功にとって重要な要素で、北アメリカで最も大規模なチョコレート会社であり、チョコレートやお菓子の分野で国際的なリーダーでもあるハーシーズとおいしい食べ物を作り、3Dプリント体験を発展させていくことができて幸運です」と語りました。

チョコレートを使った3Dプリンターはこれまでにも開発されていましたが、一般家庭に普及するまでは至っていませんでした。

チョコ3Dプリンター
http://www.opt-techno.com/opt_choc/



実際にチョコレートが出力される様子は以下のムービーから見ることが可能です。

World's first chocolate printer - YouTube


3D Systemsは2014年のCESで砂糖菓子を出力する3Dプリンター「ChefJet」を公開しており、The Vergeによると「これらのお菓子は味がよかったものの、非常にもろく、チョコレートで作られていたものは砂糖菓子よりはしっかりしていたものの、口の中であっというまに粉々になってしまった」とのこと。プリンター1台で5000ドル(約50万円)から1万ドル(約100万円)という高額な価格設定もあって、ただちに一般化するのは難しいと考えられています。

これがChefJet。


ChefJet Proを使うとカラフルなお菓子も製造可能です。


チョコレートのお菓子は以下のような感じ。


2社間でどのような商品が開発されるのかはまだ明らかになっていませんが、食品会社が3Dプリントの技術を取り入れるのはこれが初めて。もしハーシーズが画期的な商品を開発できたとすれば、新しい分野でさらに知名度を上げることができる可能性もあります。

by Maria

・つづき
手作業では製造不可能な複雑な立体チョコレートを出力できる3Dプリンター「CocoJet」 - GIGAZINE

・関連記事
食べ物の出力が可能な3Dプリンター「ChefJet」が2014年の後半にリリース予定 - GIGAZINE

3Dプリンターで食べ物を印刷へ、既存の食事を置き換える可能性もあり - GIGAZINE

世界初のチョコレート3Dプリンタの販売がスタート - GIGAZINE

3Dプリンターで10年以内に本物の心臓を作れるようにする研究が進行中 - GIGAZINE

巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」 - GIGAZINE

世界初の手描き3Dプリントが可能なペン「3Doodler」、専用ソフトは不要で6000円台から - GIGAZINE

96

in ハードウェア,   動画,   , Posted by logq_fa