ハードウェア

映画用カメラレンズの技術を駆使した高性能スマホ用レンズ「Moment」


スマートフォンでの写真撮影が簡単になったため、より高画質・高性能な撮影を可能にするスマートフォン用レンズも出てきましたが、既存のレンズは中心しかキレイに撮れず、写真の端にゆがみが生じてしまうということで、映画撮影に使われるレンズや組み立て技術を使って隅々までクリアに撮影できるようにしたのが「Moment」です。

Moment
http://momentlens.co/

Moment - Amazing Lenses For Mobile Photography by Marc Barros — Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/584288471/moment-amazing-lenses-for-mobile-photography

Momentを使っている様子や開発している様子は以下のムービーから見ることが可能です。


Momentはポケットサイズのスマートフォン用本格派レンズ。指でつまめる大きさです。


使い方はスマートフォンにポンとくっつけるだけと簡単。


あとは通常のカメラ撮影と同じように写真を撮るだけで、スマートフォンのカメラをパワーアップさせて美しい写真を撮ることが可能。


こちらがmomentlens.coの創設者Marc Barrosさん。


これまでのカメラは操作がややこしく、また「持ち運びに便利」というにはサイズが大きすぎました。


スマートフォンの普及によって、いつも身につけている携帯電話で写真を撮ることが可能になり、これまでよりも日常的に写真を撮る機会は多くなりましたが、そうなると今度はキレイに写真を撮りたくなるもの。


取り付け可能なモバイル用レンズは過去にいくつも開発されていましたが、多くのものが写真の中心しかキレイに撮れていなかったり、写真の端にいくとひずみが生じていたり、像がぶれてしまうものもありました。


そこでmomentlens.coはHDフィルム映画を撮影するシネマレンズと同様のパーツ用いて、1つ1つ手作業でレンズを組み立て、持ち運びに便利かつハイクオリティな写真を撮影できるレンズを製作。


momentlens.coによるとハイエンドレンズをモバイルレンズに使用したのは世界で初めてとのこと。


高性能ブロードバンド・コーティングの施されたマルチエレメントレンズとなっており、写真にひずみが生まれないのが特徴。色収差を起こさせないので像にズレがほとんど生じず、クリアな写真を撮ることが可能です。また写真の中心から端までしっかり撮影するため、既存のスマートフォン用レンズよりも少し直径は大きめになっています。


レンズはワイドレンズ(Moment Wide)と望遠レンズ(Moment Tele)の2種類があります。


2種類のレンズを横から見ると、形が全く異なることが分かります。


ということで以下が実際に撮影している様子。Momentをつけていない状態のiPhoneに……


横からレンズを装着します。


Moment Wideというレンズをつけるとより広範囲を撮影可能となりました。


それぞれのレンズの使用感を比較してみます。まずは何もつけていない、ノーマルなiPhoneによって撮影された写真。


次はワイドレンズ。


望遠レンズ。


実際に撮影した写真は以下から。これはiPhone 5にMoment Wideを取り付けて撮影したもの。


以下もiPhone 5+Moment Wideの組み合わせ。


iPhone 5とMoment Teleの組み合わせ。


こちらはiPhone 5sにMoment Teleを付けて撮影されました。


持ち運びや装着を簡単にするため、重さや形・利便性などを考えたプロトタイプをいくつもテストし、「人々はどのように持ち運び、スマートフォンに装着して使っているのか?」ということを観察した結果生まれたのが、現在のMomentのデザイン。


専用のケースが必要なレンズもありますが、Momentは金属プレートをスマートフォンにくっつけることで、本体を傷つけることなくスムーズにレンズを取り付け可能にしています。


プレートとレンズの凹凸を合わせて、レンズを回転させることで固定させる仕組み。


また、持ち運び用の専用ポーチもセットになっています。


MomentはiPhone 4S、5、5s、5c、第3世代・第4世代のiPad、iPad 3、Galaxy S2、S3、S4で使用可能。


レンズ2種類のスペック詳細は以下の表から確認できます。


Momentは現在商品化に向けて出資を募集中で、目標額5万ドル(約520万円)のところ、すでに570万円以上を集めることに成功してまいます。49ドル(約5100円)以上の出資によって通常99ドル(約1万円)で販売されるWideかTeleいずれかのレンズをゲットすることが可能で、99ドル(約1万円)出資すると2種類のレンズをゲット可能。なお、出荷予定は2014年の6月で、アメリカ国外への発送が必要な場合、レンズ1種類なら20ドル(約2100円)、2種類セットの時は25ドル(約2600円)の送料が別途必要です。


なお、締め切りは日本時間で2014年2月14日の12時54分となっています。

Moment - Amazing Lenses For Mobile Photography by Marc Barros — Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/584288471/moment-amazing-lenses-for-mobile-photography



・つづき
映画用カメラレンズ技術採用の高性能スマホ用交換式レンズ「Moment」を使ってみました - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマートフォンと連動して使うレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」速攻ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

レンズスタイルカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」の発売日が10月25日に決定 - GIGAZINE

スマートフォンやタブレットなどのカメラに付けて変わった写真を撮るクリップ型レンズ「Mobi-Lens」 - GIGAZINE

iPhoneに装着してハイアングル&ローアングルの撮影を劇的にラクにする「HiLO Lens」を使ってみました - GIGAZINE

iPhoneにマクロ/魚眼/広角レンズ・カッター・ねじ回し・栓抜きなどをプラスするケース「ReadyCase」 - GIGAZINE

あなたの生活を30秒ごとに自動撮影し1度の充電で2日間動くライフログカメラ「Memoto」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.