建物を丸ごと3Dスキャンしてハイクオリティな3DCGを作り出すエンジン「Thorskan」


3Dスキャンはオブジェクトや人物などの比較的小さなものの3Dモデル作成に利用されますが、建物や街並みといった環境を丸ごとスキャンしてリアルな3Dモデルを作成する技術が「Thorskan」です。映画やゲームでの利用を想定しており、非常にハイクオリティで、実際に撮影した映像のような質感となっています。

BetterReality
http://www.betterreality.pl/

Full reality 3D experience | Thorskan
http://thorskan.com/

一見何の変哲もない廃墟の写真に見えますが、これはThorskanによって作られた3Dモデル。


現実に存在する建物を丸ごと3Dモデルにしており、視点を移動させて細部まで確認可能。以下のムービーからそのすさまじさが分かります。

Better Reality 3D scan - YouTube


落書きのされている壁や汚れた地面、窓から差し込む太陽光など、どう見ても写真。


ヒラッと3Dっぽい写り込みが入って「3Dモデルなのだ」ということが分かります。


カラフルな落書き。


部屋の隅にはゴミがたまっています。


ゴミの1つ1つまでリアル。


柱の質感もぱっと見て作り物っぽさはありません。


窓の汚れや天井など、拡大画像でじっくり見てやっと少し違和感があるかな?という程度です。


上記の3Dモデルを使って制作されたのが、The Farm 51が手がけるGet EvenというFPSの映像。

Get Even - 'What Is Real' Teaser Trailer - YouTube


太陽光が差し込み明るかった廃墟内が別の雰囲気になっています。


室内に置かれたスマートフォン。


地面が光って……


サイバーな雰囲気に。


廃墟に潜入する3人の男性。


地面に倒れる人。


不自然に壁に開いた穴へと向かいます。


ものすごく壁に近づいてみても、汚れや質感などに作り物っぽさはなし。


そして部屋の中にはイスに縛られた1人の少女が……。


また、この他にも人物やオブジェクトなどもThorskanの技術で3Dモデル化が可能となっています。

Thorskan 3D models made out of photos


人物


オブジェクト


細かい所まで再現されています。




雪景色に溶け込ませるとこんな感じ。


切り株


アップ


水に沈んだ街。


何やら四角いものが映ります。


角度を変えると……


廃墟の外観でした。


別の角度から見ると以下のような感じ。


夕方っぽい雰囲気のある映像になっています。


これはポーランドにあるBetterRealityという会社の作品。映画やテレビ・ゲームに使用するようなハイクオリティな3Dモデルの製作に特化しており、この他の作例はVimeoから見ることが可能です。

・関連記事
物体を簡単に3DスキャンしてAR表示や3Dプリントができるスキャンセンサー「Structure Sensor」 - GIGAZINE

PCと専用カメラを用いて自分で3Dモデルが製作できる「Volumental」 - GIGAZINE

立体物を簡単にデータ化できる3Dスキャナ「Digitizer」は約14万円での販売が決定 - GIGAZINE

3D印刷可能モデルを検索できるオープンソース検索エンジン「DEFCAD.com」プロジェクトが始動 - GIGAZINE

約3万円でシンプルな操作性の3Dスキャナー「Rubicon 3D scanner」 - GIGAZINE

世界最安で3Dプリント・3Dスキャン・フライス盤加工が可能な複合機プリンタ「FABtotum」 - GIGAZINE

99

in 動画,  ゲーム, Posted by logq_fa