サイエンス

大量の淡水が大陸棚の地下に存在することが発見される

By jeff_golden

地球上には約14億立方キロメートルの水が存在しますが、その97%が海水で淡水は約3%しかなく、淡水の中でも飲料水として利用できるものはさらに少ない、とされています。人口爆発と呼ばれるほど世界の人口は増加しており、将来的に深刻な水不足問題を危惧する研究者もいますが、オーストラリアの大学の教授が海底の地下に塩分の薄い淡水資源を発見し、水不足への解決策になる可能性があります。

Offshore fresh groundwater reserves as a global phenomenon : Nature : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/nature/journal/v504/n7478/full/nature12858.html

Vast freshwater reserves found beneath the oceans
http://blogs.flinders.edu.au/flinders-news/2013/12/06/vast-freshwater-reserves-found-beneath-the-oceans/

オーストラリアにあるフリンダース大学のVincent Post教授は、オーストラリア・中国・北アメリカ・南アメリカに位置する大陸棚の海底の下に淡水資源が存在することを、論文内で明らかにしました。Post教授によると、発見された淡水資源は約50万立方キロメートルあり、これは1900年以降の100年間で地球の表面からくみ出した全ての水の量の100倍以上になるとのことです。

By Michelle Brea

過去にも地下水について研究している科学者によって、海底下に淡水が埋蔵されていることが指摘されていましたが、かなり特殊な環境下でのみ淡水が発生していると考えられていました。Post教授は「今回の発見では、淡水が限られた環境下ではなくても、世界のどこにでもある大陸棚の下に存在することがわかったのです」と言及しています。

Post教授によると、何千年も前、まだ海面が現在よりもっと低かった頃に空から降った雨が、地面に浸透して地下にたまり、約2万年前から上昇し始めた海面に覆われ、隠れてしまったとのこと。発見された淡水は、世界中で飲料水として飲まれている地下水と成分が似ており、塩分含有率も低いので飲料用の水に処理することは難しくないそうです。

By U.S. Army RDECOM

発見された淡水を飲料水に変換することは可能ですが「どうやって淡水を抽出するのか」という問題点があります。大陸棚の地下から淡水をくみ上げるには莫大な費用がかかり、周囲の環境への影響も考慮しなければいけません。また、「今回発見された淡水は再生利用が不可能であり、一度使い切ってしまえばそれまでなので使用には注意が必要である」とPost教授は警告しています。

・関連記事
海に沈む2000年以上前の古代都市を探し出してついに見つけたときの感動がわかる写真集 - GIGAZINE

宇宙に漂うシャボン玉そっくりな星雲が発見される - GIGAZINE

絶滅したはずの昆虫が絶海の孤島で再発見され繁殖に成功 - GIGAZINE

身近なところに眠っているかも?偶然発見された超高額の美術品や歴史的遺物いろいろ - GIGAZINE

天文学の歴史上最も重要な10個の発見 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by darkhorse_log