スマホで電化製品の電源を外出先からON・OFF可能でタイマーもセットできる電源タップ「Smart Power Strip」


電気スタンドやこたつ、据え置き型ゲーム機など電化製品の電源を消し忘れたまま外出してしまうことは、忙しい現代人にとってありがちな問題。Wi-Fi搭載の電源タップ「Smart Power Strip」は、世界中のどこにいてもインターネットにさえ接続すれば、スマートフォンから電源のON・OFFをコントロールでき、電化製品のスイッチを遠隔地からでも管理できる製品です。

Smart Power Strip- Control your appliances from anywhere by Roger Yiu — Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/337922278/smart-power-strip-control-your-appliances-from-any

「Smart Power Strip」がどのような製品かは、下記のムービーから確認できます。

Smart Power Strip- Control your appliances from anywhere by Roger Yiu — Kickstarter


こちらがSmart Power Stripを開発したRoger Yiuさん。


Smart Power Stripはホームオートメーションである2.4GhzのMESHネットワークを採用。


コンセント差し込み口はアメリカ規格の3穴式を採用していますが、日本のものでも問題なく使用可能です。


Smart Power Stripのセットアップは、本体をコンセントにつないでスマートフォンをWi-Fiに接続し……


電源を管理したい電化製品を登録するだけです。


セットアップが完了したら、スマートフォンですぐにSmart Power Stripを操作可能。登録した電化製品をスマートフォンのディスプレイからタップして電源のON・OFFを切り替えられます。


据え置き型ゲーム機やランプ、ヒーターなどコンセントを電源差し込み口に差して動作する電化製品ならどんなものでもスマートフォンに登録できます。


ランプのスイッチをOFFにしたか分からない時や、アイロンの電源を切り忘れてしまった場合でもSmart Power Stripがあれば、スマートフォンですぐに確認して電源を操作できます。


また、スマートフォンから各電化製品ごとにタイマーをセットできる機能もついていて、帰宅時に合わせてヒーターを付けておくなど便利な使い方も可能。


Smart Power Stripに接続した電化製品の電気使用量もスマートフォンからチェックできます。


Smart Power Stripは現在商品化のためにKickstarterで出資を募っている最中ですが、2013年12月16日現在、目標額である10万ドル(約1030万円)を達成しており、製品化はほぼ確実。119ドル(約1万2000円)以上の出資でコンセント差し込み口が4つ搭載されているSmart Power Stripを1台ゲット可能、日本への郵送にも対応しており、送料は30ドル(約3100円)となっています。なお、締め切りは日本時間の12月17日(火)午前7時37分です。

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

大きなACアダプターでもクネクネ曲がって全部挿せる電源タップ「Pivot Power」 - GIGAZINE

スマホなどで外から電源OFFできる無線LAN対応電源タップ「Navi-Ene Tap」 - GIGAZINE

USBポート×2と電源コンセント×2を備えたマルチタップ「BSTA22AU」レビュー - GIGAZINE

ブタに鼻栓をしているような気分になる、差し込み口満載の電源タップ - GIGAZINE

雷ガードできないタップにさすだけで雷サージ対応タップに変えてしまうプラグ3種を実際に買ってみました - GIGAZINE

61

in ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log