メモ

大英図書館が100万点以上の画像をFlickrで公開、誰でも無料で利用可能に

by Alex Watson

1973年に設立され世界中の貴重な資料が集められている世界有数の図書館の1つ大英図書館がFlickr上に100万点以上の画像を公開しました。画像は17世紀から19世紀にかけての資料をスキャンしたもので、公開された地図・イラスト・風刺画・彩飾&装飾された文字・壁画などは全てパブリックドメインであり自由にダウンロード・利用することが可能です。

A million first steps - Digital scholarship blog
http://britishlibrary.typepad.co.uk/digital-scholarship/2013/12/a-million-first-steps.html

実際にFlickr上で公開されている画像の例は以下から。

Flickr: The British Library's Photostream



以下は風景画。各画像には年代・書籍の編集者名・ページ数などのタグが付けられており、キーワード検索が可能。


楽譜


民族資料


挿絵っぽいイラスト


ロゴ


日本のお城も発見


写真もあります


刺繍のパターン


肖像画


カラーイラストもありました


これらは大英図書館がマイクロソフトと共に進めている書籍電子化プロジェクトでスキャンされた画像。ノルウェー国立図書館も新聞・書籍・映画などあらゆる資料をデジタル化しており、いずれも物理的な図書館に行かなくても資料にアクセスでき、知識の共有が図れるという試みとなっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
有料ストックフォトを扱うGettyImagesが約1万点の画像を無料で利用可能に - GIGAZINE

ノルウェー国立図書館が新聞・書籍・映画などあらゆる資料をデジタル化中で、一部は日本からもアクセス可能 - GIGAZINE

無料かつ商用可で約2万枚のハイレベルな写真を提供する「Luc Viatour」 - GIGAZINE

商用・非商用を問わず完全フリーで使えるハイクオリティな画像検索サイト「Pixabay」 - GIGAZINE

無料で商用利用できてクレジット表示も不要の画像素材検索サイト「タダピク」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.