3000円以内で買えるサイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」レビュー


一家に1台は必ず必要な掃除機は、高機能なものは当然価格もそれなりになり、低価格のものは吸引力が弱すぎて、「安物買いの銭失い」となってしまうことがあります。家電メーカーのTWINBIRDが販売する掃除機「TC-E123SBK」は、Amazonで3000円以内で購入できるサイクロンスティッククリーナーで、レビュー評価も上々だったので、実際にどの程度の性能なのか購入して確かめてみました。

Amazon.co.jp: TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK スケルトンブラック TC-E123SBK: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B0098D4GYG

◆開封~組み立て

縦長のパッケージに入って到着。


内容物を全て取り出しました。各パーツはビニールに包まれています。


説明書には組み立て方や掃除方法が記載されています。まずは、組立てから開始。


全てのパーツのビニールを撤去。


まずは取っ手のスティックと本体を接続。「カチッ」と音が鳴るまではめ込めばOKです。


フィルター部分は、プラスチックのアウターフィルターと、布フィルターの二重構造になっています。Amazonのレビュー欄によると、2つのフィルターの間にティッシュを挟むと、フィルター掃除が楽になるとのこと。


布フィルターにティッシュを巻き付けて……


そのままアウターフィルターにはめ込めばOK。


次に、2つのフィルターをケースにセットします。


そして、本体とケースを「カチッ」と音が鳴るまで接続。


ノズル部分をはめ込みます。


すき間ノズルもありますが、ホルダーが付属しているので、使用しない時はスティック部分に取り付けておくとなくしてしまうこともありません。


組立てを全て終えるとこんな感じ。


横から。


後ろはこうなっており、スティックタイプなのでスリムな作りになっています。


TC-E123SBKを、iPhone 5と比較するとこんな感じ。立てて収納してもさほど場所をとりません。


ノズルからスティックの先までの長さを測ってみると……


約102cmでした。


◆使ってみた

手で持ってみるとこんな感じでボタンを押すと吸引を開始。強弱の調節はできないものの、吸引力は問題ありません。運転時の音はうるさすぎることはないですが、サイズの割には大きいレベル。


実際に「TWINBIRD TC-E123SBK」で掃除をしているところは以下のムービーから確認できます。

サイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」で掃除をしているところはこんな感じ - YouTube


吸い込んだゴミがどのように回転しているかは以下のムービーから見ることができます。

サイクロン掃除機「TWINBIRD TC-E123SBK」のゴミが回転するところはこんな感じ - YouTube


さらに、ボタンを押しながらスティックを引っ張ると、スティックを取り外してハンディクリーナーとして使用することも可能。


パワースイッチは上下に2つ用意されているので、下のスイッチでパワーをオンにできます。


スティックを外すとかなりコンパクト。階段掃除など長さが必要ない時に取り外したり……


天井の隅を掃除する時にも便利。成人男性なら片手で持ち上げてもさほど「重い」とは感じません。


コードは自動巻き取り式ではありませんが、スティック部分にぐるぐる巻き付ける部分があります。


スケルトンケースにゴミがたまっていくので、ゴミ捨ての時期がすぐにわかるようになっています。


紙パック不要タイプなので、ケース内にホコリがたまってきますが、ケースはボタンを押すことで取り外しできます。


汚れてきたらプラスチックケースをそのまま水洗い可能。取り外して洗うだけなので手入れは非常に簡単。


「TWINBIRD TC-E123SBK」は、強弱スイッチがないというところ以外は、吸引力も申し分なく、ハンディクリーナーの価格で購入できるにも関わらず、十分に実用的な掃除機になっていました。コストパフォーマンスを重視する人や、1人暮らしで大きな掃除機を置くスペースのない人におすすめです。

なお、TC-E123SBKは現在、Amazonで2970円(税込)で販売中です。

Amazon.co.jp: TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK スケルトンブラック TC-E123SBK: ホーム&キッチン

・関連記事
掃除機の鬼が作ったに違いないと思えるほどのこだわりとレベルに達している「エアシス MC-SXD410」実機レビュー - GIGAZINE

ダイソンが以前より小型・静音化した掃除機「DC48」がどれだけすごいか説明してくれるとのことなので行ってみました - GIGAZINE

4万円台のロボット掃除機「ルンバ630」を自宅で使ってみたよレポート - GIGAZINE

本体とノズルが離れるワイヤレス掃除機を使いこなす女性のムービー - GIGAZINE

1つ約65円の使い捨て掃除機用ノズル「すい取ってポイ!」でホコリを一掃してみた - GIGAZINE

77

in レビュー,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log