宇宙からの眺めが体験できる驚愕の4Kムービー「The World Outside My Window」


4000×2000という、フルHD(1080p)の4倍の解像度を持つ4Kディスプレイ規格は、2014年7月からテレビ放送の開始が予定されています。そんな4Kの超解像度で国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙の映像をくっきりと撮影したムービーが「The World Outside My Window - Time Lapse of Earth from the ISS (4K)」です。

4KムービーをYouTubeで視聴するには、「HD」マークをクリックして、「1440p HD」の上に表示されている「オリジナル HD」をクリックする必要があります。


国際宇宙ステーションの窓からタイムラプスで宇宙空間や地球を撮影した、思わず見とれてしまう美しいムービーは以下から見ることができます。

The World Outside My Window - Time Lapse of Earth from the ISS (4k) - YouTube


窓から見える地球。手前に見えるステーションのパーツがハッキリと映っています。


丸い窓にすっぽりとはまったような地球がくるくると回転中。


地球の青さに思わず見とれてしまいます。


また、この状態で地球がくるくると回っているにもかかわらず、地表の模様をはっきりと確認することができます。


全体的に真っ赤な地表は、どこの荒野でしょうか。


広大な地球をバックに浮かぶ大きなソーラーパネル。


雷がピカピカととどろき、暗くなった地球は幻想的な雰囲気。


時々、外がピカッと明るくなる瞬間があり、明るくなることで4K画質の美しさがより一層体感できます。


YouTubeとは思えないほどの迫力です。


倍速で再生されるため光は流れ星のように。


窓から見えるステーションの一部がきれいに映し出されています。


夜明けが訪れ……


地平線に沿って美しい光が迫ってきます。


月が移動する横で、乗組員が作業しているところが見えます。


この4KムービーをアップロードしているDavid Petersonさんのチャンネルでは、4K画質ではありませんが、フルHD画質で国際宇宙ステーションから宇宙を撮影したもう1つのタイムラプスムービーを見ることができます。ムービーを見るときには部屋の電気を暗く、音を大きくして視聴するのがオススメとのこと。

All Alone in the Night - Time-lapse footage of the Earth as seen from the ISS - YouTube


夜の地球を上空のステーションから映し出しています。


チカチカとオレンジの光が点滅したり……


場所によっては地表が光に覆われます。


まるで燃えているように見える地表と、窓に映るソーラーパネル。


画面が切り替わると、地平線の向こうから緑色の光が迫ってきます。


光は画面いっぱいに広がるオーロラ。通常、地球からは観測できないこともあるものですが、上空から見ると途切れなく鑑賞することができました。

・関連記事
4K解像度ディスプレイの普及でアダルト向けコンテンツが果たす役割とは? - GIGAZINE

デルから新たに4Kモニタ2機種が発売予定、10万円を切るモデルも登場か - GIGAZINE

IGZO液晶搭載32インチ4Kモニタディスプレイなど2機種がDellからも販売に - GIGAZINE

世界初の20インチ4Kパネル搭載Panasonic「タフパッド4K UT-MB5」 - GIGAZINE

マイクロフォーサーズ対応でコンパクトなデジタルシネマカメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera」、4K対応カメラも登場 - GIGAZINE

SONYのブースでは国内初登場6.4インチ液晶「Xperia Z Ultra」と4K対応56型有機ELテレビ - GIGAZINE

110

in 動画, Posted by darkhorse_log