レビュー

無料カレンダーアプリ「Cal」はリマインダー機能とAny.do連携で予定管理が楽々


iOS 7のデザインに影響を与えたタスク管理アプリAny.doの開発チームが、Androidで使用できる無料のカレンダーアプリ「Cal」を公開しました。Any.doとの連携や感覚的な操作、リマインダー機能、さらに地理情報を入力すればGoogleマップと連携してナビゲーションを行ってくれたりもします。

Cal - Calendar by Any.do - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.anydo.cal


◆Calを使ってみた
まずはGoogle PlayからCalアプリをインストールします。


「同意する」をタップ。


インストールが完了したら「開く」をタップ。


Calの初回起動時はこんな画面が表示されるので、画面下部の「START」をタップすればOKです。


Calのカレンダーはこんな感じ。


左右に画面をフリックすると、予定を表示する日付を変えられ……


画面を下方向にフリックすれば、カレンダーの表示が週表示から月表示になります。


新しく予定を追加したい場合は、画面右上の「+」アイコンをタップ。


これが予定の追加画面で、画面上部の紫色の部分に予定を入力すればOK。


予定の開始時刻と終了時刻も設定でき、時間は5分刻みで設定可能。


「ALL DAY」をタップすれば終日予定にすることもできます。


入力が終わったら「ADD」をタップすれば予定の作成完了です。


作成した予定はこんな感じで表示されます。これをタップすると……


予定の詳細を設定可能です。赤枠部分をタップしてみます。


ここではリマインダー機能の設定が可能で、初期設定では予定開始30分前にスマートフォンに通知が表示されるようになっています。


なお、実際のリマインダー通知はこんな感じで表示されます。


予定の詳細設定画面にある5つのアイコンは、左から「予定に関係のある人」「場所」「メモ」「繰り返し」「削除」の設定が可能です。


「場所」設定はこんな感じ。


文字入力でしか場所の設定ができないのは少々面倒。


ただし、場所を設定して「NAVIGATE」をタップすれば……


Googleマップと連携して、現在地からの道案内を行ってくれます。


「繰り返し」設定画面はこんな感じで、日課や週に1度の習い事、1年に1度の記念日などを設定するのも楽々。


カレンダー画面の下部にあるアイコンをタップして「Settings」をタップすれば設定画面が開きます。


これが設定画面。


「BIRTHDAYS」では、Facebookと連携させてユーザーや友達の誕生日をインポートすることができます。


「VISIBLE CALENDARS」でチェックの入っているカレンダーの予定はCalにも表示されます。Android版のCalアプリなので、初期状態ではGoogleアカウントとデフォルトのカレンダーアプリの予定がインポートされるようになっています。


「DEFAULT CALENDAR」では、デフォルトのカレンダーアプリかGoogleアカウントのカレンダーのどちらかを選択する必要アリ。設定してある方のカレンダーにはCalで追加した予定が追加されるようになります。予定のインポートも便利ですが、Calで追加した予定が他のカレンダーにも追加されるのは地味に便利なポイント。


デフォルトのカレンダーアプリに予定が追加されたかチェックしてみます。


先ほど入力した「ランニング」の予定がしっかり追加されており、予定の開始時刻と終了時刻や場所情報もしっかりとインポートされていました。


◆Any.doと連携
CalではAny.doとの連携も可能なので、同時に使うとどんな感じになるのか実際に試してみました。


Any.doは「やりたいこと」を入力して管理するというアプリで、画面はこんな感じでとてもシンプル。


CalにAny.doで入力したタスクを表示させたい場合は、Calの設定画面にある「Connect with Any.do」をタップして、チェックマーク部分が緑色になればOKです。


Any.doで作成した「電話 母」というタスクがCal上にも表示されるようになりました。このタスクをタップすると……


Any.doが開きます。タスクが完了したら右方向にフリックしてやればOK。


これがタスクを完了した際の表示になります。


完了したタスクはCalのカレンダーから消えるので、1日の予定と「やるべきこと」の区別はきっちり可能です。


Calにもリマインダー機能が搭載されているので単体でも予定の管理は可能ですが、Any.doと連携させておけばタスクの追加や管理がより楽に行えます。Googleカレンダーとデフォルトカレンダーアプリの予定をインポートしたり、それらに予定を自動で追加しておくことが可能なのもグッドです。

なお、CalのiOSアプリもApp Storeからインストール可能になっています。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Cal | Calendar by Any.do
https://itunes.apple.com/jp/app/cal-calendar-by-any.do/id648287824

・関連記事
iOS 7のデザインにイスラエル国防軍の軍事情報チームがいかにして影響を与えたのか? - GIGAZINE

月が変わる度にスカートをめくって距離を縮めていく「スカートめくりカレンダー 2014」、そして「スカートめくりフセン」 - GIGAZINE

Googleカレンダーとの連携もできるタスク管理サービス「ToDous(トゥドゥス)ver2.0」 - GIGAZINE

イベントやスケジュールを登録してカレンダーと共に表示できるフリーソフト「Rainlendar」 - GIGAZINE

見知らぬ人々が連携して日付を教えてくれるカレンダー「Human Calendar」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by logu_ii