世界初披露のコンセプトカー3車種やEVレーシングカーなど三菱自動車はEVにフォーカス


東京モーターショー2013で、三菱自動車は「すべてはたのもしい走りのために」をテーマにプラグインハイブリッド車(PHEV)のコンセプトカー中心の展示を行っていました。

東京モーターショー2013 | スペシャルコンテンツ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2013/tms2013/

レーシングカーというとF1に代表されるように非常に燃費が悪いイメージがありますが、環境への悪影響を抑えつつもエキサイティングなレースを実現するEV(電気駆動)レーシングカーの数はじわじわ増えています。三菱自動車も、アメリカのヒルクライムイベント「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にEVレーシングカーで挑戦しており、その車両が東京モーターショーで展示されていました。


流線型でありながらも、なんだか角張ったフォルム。


覚えきれないぐらいのスイッチがついているF1マシンのステアリングホイールと違って、ハンドル自体はシンプル。ただ、左右のインパネ周辺にスイッチがたくさん。


展示のメインはワールドプレミア(世界初披露)の、PHEVコンセプトカー3車種。これは次期パジェロのコンセプトとも言われる次世代ラージSUV「コンセプトGC-PHEV」です。メタリックな外観と押し出し感の強いスタイリングで迫力満点。


左右ドアは観音開きになっています


ピラーレス構造でシートへのアクセスが圧倒的にカンタン


リヤまわりの造形もボリュームにあふれています


左右シートの間をつらぬくセンターコンソールレイアウト


センターコンソール上面はディスプレイになっており、各種情報を表示できるみたいです


「スノー」「ダート」「ターマック(舗装路)」の各種ドライブモードを盛り込んでいるあたり、三菱らしさを感じます。


続いて、「走る歓びの新次元を開くコンパクトSUV」をテーマにした「コンセプトXR-PHEV」。1.1リッター直噴MIVECターボエンジンを搭載したプラグインハイブリッド車で、スポーティなスタイリングも特徴。


ショーモデルということで、内装は見ることができませんでした。


かなりシャープなフロントライトまわりのデザイン


リヤのテールランプも、とがりまくってます。


そして、マイルドハイブリッドシステムを搭載した「コンセプトAR


新発想・新設計アクティブなコンパクトMPVがテーマとなっており、現行のデリカを彷彿とさせるモデルです。


また、ピックアップトラックのハイブリッドモデルであるGR-HEVも展示。フルサイズのピックアップトラックでこちらもボリューム感あり。


コレはプラグインハイブリッドのラリー車両「アウトランダーPHEV」です。


三菱のブースには、PEHVをはじめとしたハイブリッド車両が多く展示されています。

・関連記事
「東京モーターショー2013」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

貴金属フリーを実現したダイハツのゼロエミッション次世代ビークル「FC凸DECK」 - GIGAZINE

2014年から納車開始のTESLA「モデル S」は高級感あふれる正統派EVセダン - GIGAZINE

ハイブリッドの次は燃料電池、「TOYOTA FCV CONCEPT」フォトレビュー - GIGAZINE

燃料電池の低コスト化へ大きな一歩、プラチナ触媒の650分の1の価格で同程度の発電効率を得られる新触媒 - GIGAZINE

街中どこでも充電ステーションになるEV無線充電設備「HEVO」 - GIGAZINE

15

in 取材,  乗り物, Posted by logx_tm