Bitcoinの価格がものすごい勢いで急上昇している10個の理由とは?

By Antana

Bitcoin Tickerによると、現在のBitcoin取引価格は1BTC(Bitcoin1枚当たり)平均786ドル(約7万9000円)であり、Bitcoin全体の経済規模は50億ドル以上とも予想されています。Bitcoinがネット上に登場し、価格を急騰させてきたその理由は一体どこにあるのでしょうか?

10 Reasons Why The Value Of Bitcoin Is Skyrocketing
https://bitcorati.com/2013/11/13/10-reasons-why-the-value-of-bitcoin-is-skyrocketing/

記事執筆中の段階では1BTC786ドルまで、価格が急騰し続けています。


◆01:違法ドラッグ取引サイトSilk Roadの閉鎖

By Steve Snodgrass

2013年の10月初旬、FBIがBitcoinで違法ドラッグの取引が可能なサイト「Silk Road」を閉鎖しました。このSilk Roadの閉鎖により多少Bitcoinの取引価格は下がりましたが、大きくBitcoinの価格が下がることはなく、下がった価格もすぐに回復しました。この出来事から分かることは、Bitcoinネットワーク上で取引を行う者たちの中で、非合法な取引にBitcoinを利用している人々はごく一部に過ぎないということ。また、Silk Roadが閉鎖したことで、投資家はよりBitcoinに投資する際のリスクが減ったと捉えたようです。

◆02:アメリカ政府の債務不履行問題

By MyEyeSees

2013年の10月1日から2週間以上にわたりアメリカの政府機関が閉鎖しました。この政府機関閉鎖の原因の1つである債務限度を巡る問題は、アメリカではいまだに健在で、国内外にフラストレーションを引き起こしています。この問題が政治や中央制御機関とは無縁な新しい通貨制度を求めることにつながり、Bitcoinの需要が増えることになったようです。


◆03:中国のBitcoin市場


現在、Bitcoinの需要は中国へ移っており、相場の行方は中国が握っているとまで言われています。10月に中国のBitcoin取引所であるBTC Chinaが世界一のBitcoin取引量を誇る取引所となりました。さらに中国最大のインターネット企業であるJaisuleは、自社サービスの支払いにBitcoinを利用できるようにしています。このように中国全体でBitcoinへの関心が高まっており、これはBitcoinの価格急騰において大きな役割を担ったといえます。

◆04:優良投資家の興味を引く
豊富な資金をもった投資家たちが大量にBitcoinを買っているようです。Facebookの元役員であるChamath Palihapitiya氏は、Bitcoinに500万ドル(約5億円)を投資しており、現在は追加で1000万(約10億円)ドルの投資を計画しているとのこと。Chamath氏の様にBitcoinに多額の投資を行う投資家は多く存在しており、それらの投資家たちはBitcoinへの純粋な興味から投資を続けている、とのこと。また、Bitcoin専門の投資信託であるBitcoin Investment Trustは、1500万ドル(約15億円)をBitcoinに投資したようです。

◆05:Bitcoin関連の新興ベンチャー企業の乱立

By Jonathan Waller

2013年10月、いくつかの大きなベンチャー・キャピタル投資家はBitcoin関連のスタートアップ企業に投資しました。Circle・Ripple Labs・itBit・Gocoinなどの企業は約2000万ドルの投資を受けています。18か月に満たない期間で4000万ドル(約40億円)以上もの資金がBitcoin関連のスタートアップ企業に投資されており、これらの投資はまだ始まったばかりと考えられています。これらBitcoin関連のスタートアップ企業への投資が増えたのは、Brightcoveの創業者であるJeremy Allaire氏がBitcoin関連の新しい企業を作ってから産まれた流れ、とのことです。

◆06:さまざまなプラットフォームの存在
Bitcoratiによれば、現在50の異なるBitcoin交換所が存在しており、その中でもBTC China・BitstampMtGoxBTC-eの4つは特に高い交換量を記録しています。さらに、CoinXitBitKrakenCoinsetterCoinfloorは将来有望な新しい交換所であり、btcQuickLocalbitcoinsのようなサイトはBitcoinを現金に交換する際の方法としては良い選択肢です。

◆07:採掘の困難さ


採掘量が増えるにつれて徐々に困難になっていくBitcoinの採掘ですが、もはや利益をあげながら採掘を続けるのは不可能な状態であり、多くの採掘者たちは採掘をあきらめてBitcoinの買いに走ることになっているとのこと。

◆08:政府からのサポート


カナダや中国、ドイツ、オランダなどを含む複数の国々の政府では、直接的もしくは間接的にBitcoinをサポートしているようです。カナダは特にBitcoinを歓迎している国の1つで、バンクーバーのコーヒーショップにはBitcoin用のATMである「Robocoin」が設置されており、1週間で10万カナダドル(約946万円)も両替したことが判明しています。

◆09:Bitcoinを利用した取引の広がり

By BTC Keychain

その他の重要な傾向としては、さまざまなプラットフォームでBitcoinを使った支払いが可能となってきているということ。世界的な規模でさまざまなサービスがBitcoinへの対応を始めており、ロシアとアメリカのSubwayのフランチャイズオーナーは、店舗での商品購入時の支払い方法としてBitcoinを追加しており、RedditのBitcoinコミュニティではBitcoinを使った取引を多く見るようになりました。

◆10:メディアに取りあげられる

By Zach Copley

主要ニュースやテレビ番組、金融やテクノロジー界隈など、さまざまな場所でBitcoinは議論の的となっています。複数のメディアに取りあげられることでBitcoinの露出が増え、人々のBitcoinに対する関心はより高まった模様。時にはメディアがBitcoinに関する誤報を流したり、FUDを行ったりすることもあるそうですが、メディアがBitcoinを取りあげることは最終的にBitcoinの周知に非常に役立つ結果となっているようです。

・関連記事
仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが一発で分かるまとめ - GIGAZINE

仮想通貨「Bitcoin」を簡単に送受信でき売り買いまでできる無料アプリ「Coinbase」を試してみました - GIGAZINE

Bitcoinがページにコードを貼るだけでゲットできる「Tidbit」 - GIGAZINE

ビットコインが史上最高値を更新、相場の行方は中国が握っていることが判明 - GIGAZINE

世界初のBitcoin対応ATM「Robocoin」が登場、仮想通貨が現実世界へ進出 - GIGAZINE

ビットコインATM「Robocoin」が設置1週間で10万ドルも両替したことが判明 - GIGAZINE

Bitcoinマイニングはまさに軍拡競争、素人お断りの現状とは? - GIGAZINE

違法薬物サイト「Silk Road」が仮想通貨「Bitcoin」に与えた影響とは? - GIGAZINE

マルウェアの金銭要求にBitcoinが使われるケースが増加中 - GIGAZINE

Bitcoinのオンラインウォレットから1億2000万円相当のコインが盗まれる - GIGAZINE

43

in ネットサービス,  メモ, Posted by logu_ii