メモ

WFP・国連食糧計画が論ずる世界の「飢えの原因」とは

By hdptcar

アメリカや日本、中国などの先進国や大国では大量の食糧が無駄に廃棄されることが問題になっていますが、一方で世界では飢えに苦しむ人々が存在するのも事実です。そんな世界の各地で起こっている「飢え」は何が要因となって引き起こされているのかを、WFP(国際連合世界食糧計画)が英語版ウェブサイトで論じています。

What Causes Hunger? | WFP | United Nations World Food Programme - Fighting Hunger Worldwide
http://www.wfp.org/stories/what-causes-hunger

飢えの問題にはさまざまな要因が存在するため、そのすべてを挙げることは難しいのですが、WFPが特に問題視しているのは下記の6点です。

◆1:貧困の連鎖

By United Nations Photo

貧困によって人々が受ける問題は、生活するために十分な栄養をとれないということだけでなく、その貧困から脱出するために必要なお金を得る資本となる「強い体」を作ることができないということでもあります。これは根の深い問題で、子供の栄養不全や発育不良といった問題が将来の収入に影響を与え、貧困から脱することができないという運命を与えてしまいます。作物の種を手に入れることができず、家族を養うために必要な食べ物を育てることもできません。収穫に必要な道具もなければ、生育に必要な肥料を買うことも、農業のための土地や水、その知識をも得ることも、すべて不可能になってしまいます。貧困が貧困を呼ぶという貧困の連鎖が人々を貧しい状態から出られなくしているのです。

◆2:農業投資の少なさ

By Rosh Sillars

途上国の多くでは、道路や貯蔵設備、かんがい設備など農業の基礎となるインフラ設備が不足しています。その結果生じる高い運送コストや粗末な保管方法、そして不安定な農業用水の供給などの問題が農業生産能力と食物供給に影響を与えています。この問題は、農地管理や水利施設、そして抵抗力の高い種の開発に資金を投じることで改善を期待することが可能で、国際連合食糧農業機関の調査では、農業への投資は貧困対策に対する費用の5倍の効果があるという結果が示されています。

◆3:気候・天候

By arbyreed

洪水や熱帯暴風雨、干ばつなど自然災害の件数は増加の傾向を見せており、発展途上国の貧困問題に非常に大きな影響を与えています。干ばつは、世界中の食糧不足に共通の要因です。2011年には、エチオピア・ソマリア・ケニヤの各地で頻発した干ばつにより深刻な不作と多くの家畜が失われるという問題が起こり、2012年にもサハラ砂漠南縁に位置するサヘル地域において同様の問題が発生しています。多くの国において気候変動は深刻な問題となっており、農業に適した耕作地は浸食や水資源の塩水化、砂漠化が広まっています。また、人間による森林破壊は、耕作に適していたはずの土地を台無しにするきっかけにもなっています。

◆4:戦争と、それにより土地を追われる住民

By Climatalk .in

衝突や紛争が農業や食糧生産の阻害につながることは、世界共通の現象です。また、住む土地を奪われた人々は食べ物を得る手段を失い、深刻な食糧不足におちいっており、これはシリアで発生している難民の食糧難問題が顕著な例です。戦争においては、食べ物を利用した戦略として利用されることがあります。農地の占有や兵糧攻めにより、敵対する側の兵士の戦力を低下させるという戦法が採られるのです。農地は地雷原に変えられ、水源は汚染されてしまい、人々は土地を捨てざるを得なくなってしまいます。ソマリアとコンゴ共和国で起こっている紛争は、両国の国民に深刻な飢えをもたらしています。逆に、比較的平和になったガーナ共和国やルワンダ共和国のような地域において飢えの問題が解消されつつあるのは対照的な例でしょう。

◆5:不安定な食糧の市場価格

By Doc Trader

近年、食物の生産にかかるコストが不安定になる傾向があります。食糧価格が激しく上下するために、貧困にあえぐ人たちは安定して食糧を手に入れることができなくなっています。価格の乱高下は、栄養価の低い食糧に頼らざるを得ない状況を引き起こし、子供たちの微量栄養素欠乏症や栄養失調の問題を引き起こすことにつながっています。

◆6:世界的な食物生産のバランス

By jbloom

生産された食糧の3分の1(13億トン)は、消費されることなく廃棄されています。このような食糧廃棄は、世界の8人に1人が飢えているという食糧安全保障を改善させるチャンスを失っていることを意味しています。この消費されない食物を生産するために、貴重な地球の資源が費やされていることも問題です。毎年、ロシアのヴォルガ川に流れる量と同じだけの水資源が、無駄な食糧の生産のために失われているのです。また、その生産の段階では3億3000万トンの温室効果ガスが発生して空気中に放たれ、気候変動、そしてその先の食糧問題に大きな問題を引き起こしているのです。

目の前で食べ物に困っている人を助けるのは大切なことです。そしてさらに大切なことは、その貧困を引き起こす仕組みを変えて負の連鎖を断ち切ることだといえるでしょう。

By Takver

・関連記事
貧困下にあると貧しい現状で頭がいっぱいになり貧困から抜け出せなくなる - GIGAZINE

ザンビアを最貧国と報道してバンブーバイクを売ることが「貧しさ」を作っているのではありませんか? - GIGAZINE

ルワンダの新しい国づくり、「ジェノサイドの悲劇」から「アフリカの奇跡」へ - GIGAZINE

電気も値札もないウガンダでアフリカがいつまで経っても貧しい理由を理解 - GIGAZINE

幸福や不幸は遺伝するのか?受精前の両親の心理状態が子どもの遺伝子に影響する可能性 - GIGAZINE

コロンビアでは「貧富の差」の中にも全体的な力強さを感じた - GIGAZINE

in メモ, Posted by logx_tm