ハードウェア

デジタル一眼レフカメラ「Nikon Df」はISO感度や絞り値を専用ダイヤルで設定


多くのプロカメラマンも使用している「D4」と同等画質を持ち常用ISO感度は100~12800、ISO感度・シャッタースピード・露出補正などを専用の金属製メカニカルダイヤルで操作するという新しいタイプのデジタル一眼レフカメラ「Df(ディーエフ)」をニコンが発表しました。

Df | ニコンイメージング
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/df/

マウントはニコンFマウントで、FXフォーマットを採用。36.0×23.9mmサイズのCMOSセンサーを搭載し、有効画素数は1625万画素、画像処理エンジン「EXPEED 3」を使っているというのは、ニコンのFXフォーマットフラッグシップ機である「D4」と同じ組み合わせ。大きさは143.5mm×110mm×66.5mm、重さはバッテリーなど含めて約765gで、FXフォーマット機としては最小・最軽量です。

ファインダーの視野率は上下左右とも約100%、DXフォーマットに設定すると約97%。ISO感度は100から12800までが常用で、ISO 50相当の減感と、ISO 204800相当までの増感が可能。

本体色はシルバーとブラックの2色。

まずはシルバー


正面


背面


特徴的な上面


続いてブラック


正面


背面


上面


発売日は11月28日。価格はオープンプライスで、ニコンダイレクトではボディーのみで税込27万8000円に設定されています。

Df ニコンダイレクト限定キャンペーン | NikonDirect - ニコンダイレクト
http://shop.nikon-image.com/campaign/df/index.html

同時発売されるレンズは「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)」、こちらは希望小売価格が税込2万9400円。ボディとレンズがセットになったレンズキットはニコンダイレクトで税込29万9800円。

・関連記事
ニコン初のWi-Fi・GPS対応デジタル一眼レフカメラ「D5300」が11月中旬発売 - GIGAZINE

秒間11コマのマシンガン連写ができる最高峰デジイチ「Nikon D4」レビュー - GIGAZINE

連続で22コマの撮影が可能な同クラス世界最小クラスのミラーレス一眼「Nikon 1 J3」 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logc_nt