無料で1.6km圏内の人と匿名チャットできるアプリ「Popcorn Messaging」を使ってみました

by Asim Bharwani

仲のいい友人よりも見知らぬ人との方が話をしやすいこともありますが、アプリをインストールしている人同士が1マイル(約1.6km)以内にいれば、誰とでも匿名でチャット可能になるのが「Popcorn Messaging」です。どんなアプリなのか?ということで、実際にアプリを試してみました。

Popcorn Messaging on the App Store on iTunes
https://itunes.apple.com/us/app/popcorn-messaging/id718416705

まずはアプリをインストール。


インストールしたアプリを起動すると……


サインアップ画面が現れるので、ユーザー名とパスワードを入力して「Sign Up」をクリック。


「“popcorn”は現在の位置情報を利用します。よろしいですか?」と聞かれるので「OK」をタップ。


現れた画面には「No posts in this area yet」と表示されています。もし半径1.6km以内にいる人がメッセージをポストした場合、この画面上にメッセージが現れるという仕組み。


ということで、実際にiPhoneを2台使ってアプリを試してみます。


2台目のiPhoneにアプリをインストールし、名前とパスワードを登録。


テキスト欄に「こんにちは!」と打って「SEND」をタップすると……


両方のスクリーンにメッセージを送った人の名前と内容が表示されました。


これに対し返信内容を書いて「SEND」で送ります。


表示にタイムラグはほとんどないので、さくさく会話を進めることが可能。


「本当に半径1.6km内でメッセージを送ることが可能なのか?」と思い、実験。まず1台のiPhoneはGIGAZINE編集部に置いておきます。


もう一方のiPhoneを持って外出し……


1.6kmほど離れたところからメッセージを送ってみます。


無事メッセージが送れたようで、返信が返ってきました。


LINEのタイムラインのような対話式ではなく、会話は一列にずら~っと表示されます。


メニューはメッセージが表示される「Home」とメールやTwitterでアプリの存在を教える「Tell Friends」、「About Popcorn」「Log out」のみというシンプルな仕様。


実験後しばらくしてアプリを起動してみると、知らないうちにメッセージが入っていたので現時点でアプリを利用している人もちゃんといるようです。


全く知らない人と会話できる面白さがあるので街角で起動しても面白そうですが、イベントのような共通の目的があるところで起動してみても趣味がピッタリ合う人と会話が楽しめる可能性があり、いろんな楽しみ方ができそうです。

・関連記事
チャットワークにビデオ会議がついてクラウド版Skypeとでも言うべきレベルに - GIGAZINE

複数人で共同編集したりチャットをしながら文章作成ができる「Quip」 - GIGAZINE

ビデオチャットの相手がビキニ姿で激しくダンスするヒゲ面の男だった時の反応まとめムービー - GIGAZINE

スマホと連携して自販機と会話し徐々に仲を深めていく「話せる自販機 GEORGIA」で馴染みの自販機を作ってみました - GIGAZINE

無料で050番号ゲット&通話料が60%安いアプリ「SMARTalk」を使ってみました - GIGAZINE

84

in レビュー,  ソフトウェア, Posted by logq_fa