Windows8.1搭載で4万円台のキーボード付タブレット「ASUS TransBook T100TA」速攻フォトレビュー


ASUSの新製品発表会「WE TRANSFORM」で、Windows 8.1を搭載したキーボードドッキングスタイルのタブレット端末「ASUS TransBook T100TA」が展示されていたので早速タッチアンドトライしてきました。

TransBook T100TAのブースに到着。


ASUSお得意の、キーボードドッキング型のタブレットです。


搭載OSはWindows 8.1。この状態では完全にノートPCです。


キーボード込みでの重さは1.07kgと非常に軽量。光沢のある樹脂製の天板は、写真の通り指紋が目立ちます……。


閉じるとこんな感じ。


裏面はマット仕上げで滑りにくい加工がされています。


電源ボタン。


左側面には、音量ボタンとタブレットスタイル時に使えるWindowsボタン。USB3.0端子も完備。


右側面にはマイクロHDMI、マイクロUSB3.0、マイクロSDカードスロット、マイク・ヘッドホンコンボジャック。


キーボードは、ストロークがやや浅く、ソフトなタッチです。


ドッキングを解除するボタンはセンターに配置。


タブレット側のドッキング端子。


こちらはキーボード側。


ドッキングを解除するとWindows8.1タブレット端末に早変わり。


タブレット単体では550gと軽量。T100TAは、タブレット側だけにバッテリーが搭載されており、最大駆動時間15.8時間のロングライフを達成(メーカー公称)。


写真右は、500GBハードディスクを搭載したモデルのキーボード。標準モデルに比べてやや厚みが増しています。


重ねてみるとこんな感じ。HDD付モデル(上)のほうが厚いことが分かります。


ASUS TransBook T100TAは、インテルAtom Z3740プロセッサー、2GBメモリ、10.1型IPSタッチスクリーン液晶(5点マルチタッチ対応)、画面解像度1366×768、IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth4.0を搭載、標準モデル(32GB eMMC)が4万4800円で11月2日発売、64GB eMMC+500GB HDD搭載のモデルが5万4800円で11月下旬以降発売の予定で、Office搭載のモデル(32GB)も5万9800円で11月中旬以降発売の予定となっています。

・つづき
ノート・タブレット・デスクトップの3スタイル利用可能な「ASUS TransBook Trio」ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

・関連記事
ASUSが新製品発表会「WE TRANSFORM」を開催、「TransBook Trio」&「TransBook T100」を発表 - GIGAZINE

2万円以下でゲット可能な7インチ軽量タブレット「ASUS MeMO Pad HD7」ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

超高解像度IGZOパネルを搭載し4K解像度で外部出力可能な10型タブレット「TF701T」ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

75

in 取材,  モバイル,  ハードウェア, Posted by logv_to