ハードウェア

Amazon「Kindle Fire HDX 7」をバラバラに分解、中身はどうなっているのか?


日本では16GBモデルが2万4800円、32GBが2万9800円、64GBが3万3800円となるAmazonの新型7インチタブレット「Kindle Fire HDX 7」は既に予約受付中となっていますが、早くも海外ではバラバラに分解され、どのような部品が使われているかが判明しています。

Kindle Fire HDX 7" Teardown - iFixit
http://www.ifixit.com/Teardown/Kindle+Fire+HDX+7-Inch+Teardown/18351/1

Kindle Fire HDX 7" Teardown Review - YouTube


まず、専用の工具(オープナー)でプラスチック製のベゼルカバーをはがし……


星形のネジを外します。


続いてバックカバーを外すのですが、驚くほどしっかりと固定されているとのこと。


こちらがバックカバーを外したところ。ケーブルがつながっているので注意が必要です。


Wi-Fiケーブルのコネクターを外し……


マザーボード(メイン基板)を取り外します。液晶パネルとのケーブルがつながっているので注意が必要。


これがKindle Fire HDX 7のマザーボード。2.2GHzクアッドコアSnapdragon 800プロセッサーを搭載するのは7インチタブレットでは世界初。


最も厄介なのはバッテリーの取り外し。ものすごく強力に接着されているようで、はがすのに4本の工具を差し込んでいます。


バッテリー容量は4550mAhで、読書やインターネット、ビデオや音楽再生を最長11時間楽しめ、書籍だけなら最長17時間連続で使用できます。


続いてカメラを外します。


Kindle Fire HDX 7はフロントの720pカメラのみでバックカメラはなし。


液晶ディスプレイを外すために、温めて……


薄いオープナーでパネルをゆっくりはがしていきます。


なお、Kindle Fire HDX 7のディスプレイは、1920×1200画素で画素密度は323ppi。


分解し終えるとこんな感じです。


IFIXTによると、Kindle Fire HDX 7の分解(修理)難易度は10段階中の3(数字が小さいほど難度は高い)。


部品はすべて目視できるものの、マザーボードとディスプレイの取り外しは難しいとのことです。


なお、Kindle Fire HDX 7の発送予定日は2013年11月28日となっています。

Kindle Fire HDX 7タブレット - 軽量コンパクトな超高速タブレット

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazonが新型タブレット「Kindle Fire HDX 7/8.9インチ」「新Kindle Fire HD」の予約受付を開始 - GIGAZINE

Amazonの「Kindle Paperwhite(ニューモデル)」が日本でも9000円台から予約開始、Wi-Fiモデルは1980円分のクーポン付き - GIGAZINE

電子書籍リーダーではなくAndroidタブレットとしての「Kindle Fire HD」を体験してみた - GIGAZINE

「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」が大体どんな感じかわかるフォト&ムービーレビュー、わずか1万円台のAmazonの7インチタブレット - GIGAZINE

Amazonの6インチ電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 3G」の本体フォトレビュー - GIGAZINE

「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」で使える急速充電器&スタンド型レザーカバー&スタイラス&フィルム - GIGAZINE

「Kindle Paperwhite」と同時購入できる反射防止フィルム・電源アダプター・レザーカバーを実際に使ってみました - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.