ネットサービス

Googleが注文当日に即配送してくれる「Google Shopping Express」開始


ネットショッピングサイトのAmazonは、2007年からアメリカのシアトルAmazonFreshという生鮮食品宅配サービスを行っていますが、続いてGoogleも、食品や日用品を数時間で当日宅配するサービス「Google Shopping Express」をアメリカの一部の地域で開始しました。

Google Shopping Express
https://www.google.com/shopping/express/

Google Shopping Expressは、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコサンノゼで試験的に開始されています。


提携する地域の販売店の商品をまとめて注文でき、「Target(ディスカウントストア)」「Walgreens(ドラッグストア)」「トイザらス」「Whole Foods Market(スーパーマーケット)」「Staples(事務用品店)」「Guitar Center(楽器店)」など幅広いラインナップ。各店舗のポイントカードなどの会員特典も利用できます。


注文は、Google Shopping ExpressのページもしくはiOSアプリAndroidアプリから行い、代金の支払いはGoogleウォレットで精算。また、送料は1店舗につき4.99ドル(約491円)が必要ですが、初回のログインからフリートライアルとして、6ヶ月間送料は無料となっています。


まだ日本でのサービス開始は未定ですが、もしサービスが開始される際は、Googleマップのノウハウを活用して、楽天マートのような事態は避けてほしいところです。

・関連記事
知られざるAmazonの生鮮食料品配達サービス「AmazonFresh」とは? - GIGAZINE

Amazon.co.jpと真っ向勝負か、楽天が全国で当日配送するために拠点整備へ - GIGAZINE

セブン&アイ、10万点の商品を取り扱うネットショップ開設 - GIGAZINE

西友が食料品を注文した当日に配送する「ネットスーパー」を全国展開へ、生鮮食品や惣菜も - GIGAZINE

Google Checkoutが小売向けサービスも終了し「Google ウォレット」に統合へ - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.