レビュー

「iPhone 5s」と「iPhone 5c」でページを見ている画像をサクッと作る方法


自分で作成したサイトやブログなどをiPhoneやiPad、iPad mini、さらにGAMEBOYなどで見るとどんな風になるのかを確認できるウェブサービスが「iPhone Screenshot Maker」ですが、バージョンアップして、iPhone 5s・iPhone 5cにも対応しました。

iPhone Screenshot Maker
http://iphone-screenshot.com/


使い方は、まずステータスバーの加工方法を選択してから使用するフレームを選びます。「auto detect」を選択すれば、のちのちステータスバーの加工方法を選択可能なので「auto detect」をクリック。そして今回は新しく対応したiPhone 5sのフレームを使ってみることに。


次に複数ある端末のカラーや角度から好きな物を選択。


そしてオプションを設定。ここでは入力画像をディスプレイにフィットさせたり、入力画像を余白なく拡大したり、ディスプレイに反射エフェクトの有無や、ステータスバーの加工、背景色の設定、出力画像のサイズ、出力画像のクリッピングなども可能。


出力画像のサイズは複数選択が可能で、カスタムサイズからサイズを指定することもできます。


赤枠部分にフレームに選択した端末のディスプレイに表示させたい画像をドラッグ&ドロップすればOK。


画像のアップロードが済んだら「Download」をクリックすれば画像の加工完了です。


作成した画像はこんな感じになります。


iPhone 5cはこんな感じ。


なおNexus SやMacではどう見えるかという画像も作成可能です。

・関連記事
iPhone 5s・5c発売直前のApple Store&ヨドバシ行列はこんな感じ - GIGAZINE

iPhone・iPadのスクリーンショットに本体フレームを追加できるネットサービス「iPhone Screenshot Maker」 - GIGAZINE

スクリーンショットを撮って加工し、ネット上で共有もできる「Jet Screenshot」 - GIGAZINE

スクリーンショットをすぐネット上に公開&TwitterやFacebookで共有もできる「Schirmfoto」 - GIGAZINE

各種スクリーンショット機能やテキスト・矢印追加など満載のフリーソフト「iWesoft Free Screenshot Capture」 - GIGAZINE

タブレット向けOS「Windows Blue」スクリーンショット流出、本体インストールも - GIGAZINE

スマートフォン向け新OS「Boot 2 Gecko」のスクリーンショットが初公開 - GIGAZINE

有料だったが無料化した超多機能スクリーンショットソフト「SnapDraw」 - GIGAZINE

誰でも簡単に大量のスクリーンショットの撮影と保存ができるフリーソフト「Lightscreen」 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logu_ii