×
試食

果実と甘さ控えめのヨーグルトが絶妙にマッチ森永乳業「Doublei」試食レビュー


森永のヨーグルトと言えばギリシャヨーグルトのパルテノが好評を博していますが、9月上旬より新商品の「Doublei(ドゥブレ)」が販売されています。果実感のあるフルーツジュレの乗ったヨーグルトで、開発に長い年月がかかった商品とのことで、気になったのでさっそく食べてみました。

ニュースリリース | 企業情報 | 森永乳業株式会社
http://www.morinagamilk.co.jp/corporate/release/2013/0820_1595.html

ドゥブレのパッケージはマンゴーが黄色、ブルーベリーが紫色のパッケージになっています。


マンゴーのパッケージはこんな感じ。上のほうにジュレが確認できます。


パッケージには熟れたマンゴーのイラストがプリントされています


原材料には乳製品・マンゴーピューレが確認でき、カロリーは90グラムの容量で93キロカロリー。


開封するとこんな感じでヨーグルトの上にたっぷりマンゴーのジュレがかかっています。


ジュレはゼリーではなく液状で、果実分の多いソースのよう。


さっそくスプーンですくい、食べてみます。


マンゴーのジュレがともかく濃厚で、マンゴーの甘味と酸味とも控えめでヨーグルトの相性がよく考えられて作られているようです。下の層にあるヨーグルトはやや固めで、甘さ控えめなので、ジュレと一緒に食べるとちょうど良い感じ。普通のヨーグルトより舌触りが滑らかで高級感があります。


ヨーグルトはやや固めの食感に仕上がってはいるものの、パルテノほど固いものではありません。


ブルーベリーは紫色を基調としたパッケージになっており、デザインは当然ながらマンゴーと似ています


ブルーベリーのイラストもプリントされています。


原材料には乳製品・ブルーベリー果汁が確認でき、カロリーは92キロカロリーでマンゴーとほぼ同じ。


開封すると紫色をしたブルーベリーのジュレが確認できます。


ブルーベリーのジュレはゼリー状でやや固め。傾けても垂れません。食べてみることに。


ブルーベリーとヨーグルトの酸味の定番の組み合わせがグッド。この2つが混ざったヨーグルトは多いものの、混ざっていないヨーグルトは数少ないので、ヨーグルトと混ぜた状態、プレーンでも食べられるのが嬉しいところ。


価格は税込131円と容量のわりに高めですが、少ない容量でちょっと贅沢なヨーグルトを食べたい人にオススメです。

・関連記事
逆さにしてもスプーンから落ちない3倍濃縮のヨーグルト「パルテノ」を食べてみました - GIGAZINE

健康雑誌の編集者17人が食べる朝食パターン17種類 - GIGAZINE

ロッテの「爽ヨーグルト味<温州みかん>」は酸味を中心としたさっぱりとした味わい - GIGAZINE

「ヨーグルトなの?豆腐なの?」不思議な感覚を作りだす「ヨーグルとうふ」試食レビュー - GIGAZINE

回転ドアを使ったクレバーな牛乳の広告 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log