ハードウェア

腕時計型ウェアラブルデバイス「GALAXY Gear」が9月25日に3万円弱で販売スタート、実際に着用するとこんな感じ


ドイツ・ベルリンで現地時間9月6日から世界最大の家電見本市「IFA 2013」がスタート。それに先駆けて、サムスン電子が新製品発表イベント「SAMSUNG UNPACKED 2013」を実施し、腕時計型のウェアラブルデバイス「Samsung GALAXY Gear」を発表しました。

Introducing GALAXY Gear, a Wearable Device | SAMSUNG TOMORROW Global
http://global.samsungtomorrow.com/?p=27422



「Samsung GALAXY Gear」は、サムスンが展開している「Galaxy」シリーズのスマートフォンやタブレットと連携可能なプレミアムアクセサリーという位置付け。


腕時計のような見た目をしていてそのまま時計としても使えますが、Galaxyシリーズと接続することで着信やSMS・メールの受信などを通知することが可能。スピーカーが内蔵されているので、使用時にはハンズフリーでの音声操作ができます。


また、1.9メガピクセルのカメラも内蔵されていて、日常の中の出来事を写真・映像で保存しておくことが可能。

セキュリティ面ではオートロック機能を搭載。接続しているスマートフォンから1.5m以上離れると画面がロックされ、スマートフォンが再び1.5m以内に戻ってくると自動的にロックが解除されるようになっています。もしどこかにスマートフォンを置き忘れてしまってもFind My Device機能で探し出すことができます。

腕時計型なのでずっと着用していられることから、音楽プレイヤーのコントローラー、内蔵センサーを用いたヘルスメーターとしても活用可能。

大きさはディスプレイ部分が55.6mm×36.8mmなので、大きめの男性向け腕時計ぐらい。Super AMOLEDディスプレイは大きさが1.63インチで、解像度は320×320。厚みは11.1mm、重さは73.8g。800MHzのプロセッサ、512MBのRAM、4GBの内蔵メモリ、加速度センサー、ジャイロセンサーを搭載し、Bluetooth 4.0+BLEに対応。バッテリー容量は315mAh。


実際に着用した様子がこちら。

Samsung Galaxy Gear hands on - IFA 2013 - YouTube


時間を表示させている状態


厚みはこれぐらい


大画面のデジタル時計と大差ないように見えますが……


ベルト部分にカメラが内蔵されています


スピーカーはバックル部分に内蔵


カラー展開は6色のようです


オレンジと黄色がかなり目を引きます


フォトレビューも上がってきています

Gallery: Samsung Galaxy Gear hands-on gallery | The Verge
http://www.theverge.com/2013/9/4/4691538/samsung-galaxy-gear-hands-on-photos



価格は299ドル(約2万9800円)で、販売は9月25日からスタート。ただし、日本とアメリカでは販売開始は10月になるとのこと。

・関連記事
Googleがスマートウォッチ市場を制覇するために買収した「WIMM」とは? - GIGAZINE

iPhone・Android・Windows Phone 8に対応したスマートウォッチ「AGENT」 - GIGAZINE

4100万画素カメラ搭載でスイスメイドの自動巻きスマートウォッチ「CROSSBOW」 - GIGAZINE

シリコンバレー発のスマートバッテリー「Legion」はどこがすごいのか - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt