ムービー

時速200kmで走行可能なスーパー芝刈り機がサーキットや芝生の上を爆走


芝刈り機といえば、芝生の上を手で押しながらゆっくりと進むものというイメージを持つ人が多いと思いますが、大型になると人が乗って操縦できる大きさのものも存在します。今回、その大型タイプの芝刈り機にさらに強力なエンジンを載せ、時速200kmまで出せるという「スーパー芝刈りカー」と呼べるようなものができました。作ったのは、毎度おもしろいネタを提供してくれるイギリスBBCの人気自動車番組「Top Gear」ですが、今回は「本来自分たちが持っているレーシングスピリッツを取り戻したい」と願う英国ホンダが協力して共同製作するという、一風変わって興味深い企画になっています。

The Stig's 130mph lawnmower - Top Gear Magazine - YouTube


「HONDA」のロゴが入った芝刈り機の向こうにたたずむのは、同番組の謎のキャラクターThe Stig


おもむろに、芝刈り機に乗り込みます。


Top Gearには似つかわしくない光景ですが……


突然けたたましいエンジンサウンドをあげながら爆走を始めました。


コーナリングも激しく。


なぜか、コース脇の草むらを走ったりもします。


と思ったら、またコース上を爆走。


シフトアップの時の音を聞くと、かなりレース寄りのギヤ設定になっている模様。


また草むらを走ります。まるで自分が「芝刈り機」であることを思い出すかのように……


けど、芝生の上だってブッ飛ばしちゃいます。


コース上のクルマをよく見ると、たまにコースを逆走してることがわかります。


という風に、なんともサーキットには似つかわしくない芝刈り機ですが、これは雑誌版「Top Gear」の「SPEED WEEK」という企画のために作成されたクルマなのでした。

A closer look at Honda's 130mph lawnmower - BBC Top Gear
http://www.topgear.com/uk/photos/honda-100mph-lawnmower-team-dynamics-2013-05-29


主な仕様はこんな感じです。
エンジン:ホンダ VTR 1000F Firestorm
排気量:996cc
最高回転数:9000rpm
最大出力:109馬力
最大トルク:96Nm
重量:約140kg
最高速度:時速133マイル(時速約215km・予想値)
0-60mph加速:4秒(予想値)
燃費:1ガロンあたり40マイル(約17km/リッター・芝刈り時)
芝刈り歯:モーター駆動式スチールワイヤー

元になったのは、ホンダUK製の乗用芝刈り機「HF2620」。意外にも、排気量614ccのV型2気筒エンジンを搭載しています。


こちらが、載せ替えたエンジンを載せていたホンダ「VTR1000F」。同じV型2気筒搭載でも、こちらは排気量996cc、出力109馬力と全くの別物です。


英国ツーリングカーレースでホンダ車を走らせる「Team Dynamics」からも協力を得て、本格的な車体の製造がおこなわれました。


フレームはクロモリ綱を使用したスペースフレームで、完全専用品。


申し訳程度にオリジナル車のプラスチック製ボディカウルが残されています。


そこにマウントされるのが、どう見ても不似合いなこのエンジン。排気系はSCORPION社製の物が使われています。


シートはレーシングカート用のものを使い、オリジナルより14センチも低い位置にマウントされています。


駆動系パーツは、レーシングカートからの流用品です。


最高時速130マイル(時速約210km)、0-60mph加速は4秒、パワーウェイトレシオは、1トンあたり520馬力で、パガーニ・ウアイラに匹敵するレベル。


車体フレームの下にある円形のケースが芝刈りカッターが入るケースで、改造した車体に合わせた専用品。芝刈り歯は、スチール製のワイヤーを特製のモーターによって4000rpmという高速でぶん回して芝を刈るという、何ともワイルドなスペシャル品となっています。


こんなとんでもないクルマなのに、ハンドル回りは「モーリス・ミラー」から移植するあたりが、イギリス人のジョークセンスなのかもしれません。


日本ではほとんど見かけることのない芝刈り機ですが、イギリスには「BRITISH LAWN MOWER RACING ASSOCIATION」(英国芝刈り機レース協会)という団体があるほどで、芝刈り機レースが一定の人気を誇っているそうです。

The British Lawn Mower Racing Association - Home
http://www.blmra.co.uk/


このTop Gearのマシンは「レギュレーションに合致しない」との理由で、同団体が主催する大会には参加できないということです。世界最速を狙ったとみられるこの芝刈り機ですが、どこかで記録を作ることはできるのでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
1人乗りの世界最小自動車「P45」で大男が町や高速道路を走り回る - GIGAZINE

実際に公道を走ることができる世界最小の車 - GIGAZINE

イギリスの公共放送局がゾンビ対策ムービーを公開 - GIGAZINE

テスラモータース、BBCの人気テレビ番組「Top Gear」のレビューが不当だと主張し提訴 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.