本当にド迫力で圧巻の二郎系冷やし中華を「千里眼」へ行って食べてきました


千里眼はドカ盛り冷やし中華で有名なお店になりますが、ファミリーマートの「千里眼監修ネオ冷し中華」を食べたところ、全くドカ盛りっぷりを体験できず肩透かしを食らったので、実際に店舗へ行って食べてみることにしました。

千里眼 (せんりがん) Senrigan - 東京都目黒区 - ラーメン専門店、中華料理店 | Facebook
https://www.facebook.com/senrigaaan

千里眼に到着。お店には既に行列ができています。


インパクトのある「ラーメン千里眼ニンニク」と書かれた看板。


夏限定の冷やし中華も始まっています。


もの凄い脂のにおいが漂うエアコンの室外機。


行列に並んでみることに。


20人ほどの行列でだいたい1時間ぐらいの待ち時間で入店。冷やし中華だけでなく、ラーメン・豚冷やしなどさまざまなメニューを提供しているので回転はあまり良くないようです。今回は「冷やし中華(税込680円)」を注文。


使っている化学調味料はグルエース。


席に着いてみると、冷やし中華の写真が貼られています。凄まじい見た目に高まる期待。


ラーメン二郎のように無料のトッピングができます。今回はヤサイマシ・アブラ・カラメ・別皿で辛揚げを注文してみました。


冷やし中華が到着。野菜を増しているせいかかなりの迫力。


とても冷やし中華とは思えない野菜の量。


上からアブラがたっぷり。


アブラがベトベトで野菜が全くヘルシーに見えません。


大きめの鶏チャーシュー。


ミニトマトの赤が目立ちます。食べてみることに。


ドロドロとしたアブラとニンニク・麺のかみ応えに一口目からただただ圧倒されます。口の中でアブラ・ニンニクの味が広がり・ドロドロしたアブラが舌と口の中に絡みつき、まるでマヨネーズのチューブを口に突っ込んだよう。アブラが強いせいか、あまり醤油の味を感じませんでした。


麺だけではなく野菜も多いのですが、最初はシャキシャキの食感が楽しめるものの、スープに沈むとベチョベチョになるので、箸休めに使えるのは最初だけです。


ともかくアブラが凄すぎて、口が休まりません。


味を変えるために辛揚げを投入。


もとのアブラが凄すぎるので、少し辛くなったような気がしますが、感覚がマヒしているのか変わったように思えません。


食べ進めるとこんな感じ。食べれば食べるほど量とアブラに体が責められていきます。


丼の底は白いアブラの海。


野菜を食べても全く箸休めにならないので、さっぱりとしたトマトの存在がとてもありがたく感じられます。一粒しかないミニトマトを、どのタイミングで食べるかは超重要。


アブラにまみれた鶏のチャーシューは鶏の味よりもアブラの味が勝ります。


やっとこさ完食。追加トッピングをしたとはいえファミマ版とは全くの別物です。


千里眼の冷やし中華は二郎系と言われるものの、二郎とはまた違った味。冷やし中華はここ2年ほどは9月の第1週末に終わっているので、食べてみたい人は早めにお店に行くべきです。

・関連記事
食べても食べても終わらない恐怖、あの「ラーメン二郎」を必死で攻略してきました - GIGAZINE

パイン×炭酸の斬新な冷やしラーメン「冷やしパイナップルラーメン(炭酸)」を食べてきました - GIGAZINE

ベルリンに激しくしのぎを削る2軒のラーメン屋があるというので食べ比べてきた - GIGAZINE

年数日だけ不定期にオープンする幻のラーメン店「豚の骨」のとんこつラーメン試食レビュー - GIGAZINE

徳島ラーメンとは何か、5店舗を巡って「徳島ラーメン」の奥の深さを思い知った徳島のラーメン屋さん巡り - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log