Windows 8.1のリリース日が10月18日に決定、プレビュー版からの移行も可能

by David Lee

Windows 8の使い勝手をかなり向上させてくれる大型アップデートとなるWindows 8.1のリリースが10月18日に決定しました。基準はニュージーランド夏時間の18日0時となっていて、全世界同時リリースなので、Microsoft本社のあるワシントン州レドモンドでは17日4時、日本では10月17日20時からWindows Storeでダウンロードできるようになります。

Mark your calendars for Windows 8.1!
http://blogs.windows.com/windows/b/bloggingwindows/archive/2013/08/14/mark-your-calendars-for-windows-8-1.aspx



Windows 8.1 の提供開始日を発表 - The Official Microsoft Japan Blog - Site Home - TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/microsoft_japan_corporate_blog/archive/2013/08/15/8-1.aspx



Windows 8.1は「Windows Blue」というコードネームで開発されていた「タブレット特化型のWindows 8」。コードネームで呼ばれていたころは廉価版OSとして発売されるかもと噂されていましたが、Windows 8ユーザーに対して無料アップデートという形で提供されることが決まっていました。

6月にはプレビュー版がリリースされていますが、使ってみると、Windows 8で「どうしてこんなにも踏み込みが甘いのか」「かゆいところに手が届かない」と思っていた部分をうまくフォローする機能が追加されており、最初から8.1の内容でリリースされていれば、Windows 8はこんなに酷評されることはなかったのではないか、と思えるほど。


なお、すでにプレビュー版をインストールしている人については、アンインストールの必要はなく、そのまま8.1の正式版にアップデートすることが可能だとのこと。ただし、ドキュメントファイルなどの個人ファイルはそのままにしておいてOKですが、アプリは入れ直す必要があるそうです。

・関連記事
Windows 8.1プレビュー版以降、1日3TBがSkyDriveへアップロードされている - GIGAZINE

3Dプリント機能がWindows 8.1に搭載され文書印刷と同様の物づくりが可能に - GIGAZINE

MS-DOS 6.22からWindows 8 Proまで順にアップグレードしていくとどうなるのか? - GIGAZINE

Windows 8.1は7以前と同様に起動直後にデスクトップ画面を表示できるかも - GIGAZINE

69

in ソフトウェア, Posted by logc_nt