モバイル

NECカシオモバイルコミュニケーションズがスマートフォン事業からの撤退を正式発表


7月17日に日経新聞が「NECカシオモバイルコミュニケーションズが携帯電話事業から撤退」と報道、同社はこれを否定していましたが、7月31日、正式に事業見直しを発表しました。

携帯電話端末事業の見直しについて (2013年7月31日):プレスリリース | NEC
http://jpn.nec.com/press/201307/20130731_02.html


「事業見直し」の具体的な内容についてはリリースで触れられていて、7月31日付けでスマートフォンの新規開発を中止し、現在販売中の機種をもって生産および販売を終了するとのこと。

NECカシオモバイルコミュニケーションズは、2009年当時、携帯電話端末事業でトップを走っていたシャープに対抗するためNECとカシオ日立の携帯電話端末事業を統合して作られた会社。NECはフィーチャーフォン全盛期、2つ折れの端末を出していた時代には市場で大きなシェアを占め、NECが「MEDIAS」、カシオが「EXILIMケータイ」「G'z One」、日立が「Woooケータイ」の各ブランドで攻勢をかけていましたが、スマートフォン時代にはかなりの苦戦を強いられてどんどん出荷台数が減少。2013年夏のNTTドコモ新商品ラインナップで採られた「ツートップ戦略」ではその他機種扱いを受けることになり、今後の方向性について検討した結果、事業から撤退することが決まりました。

なお、スマートフォンに関する保守やフィーチャーフォン・タブレット事業は継続するとのこと。

追記:
タイトルがスマートフォンだけではなく端末事業全体から撤退するかのようになっていたので修正、「スマートフォン事業の撤退」です。

・関連記事
細かい部分にこだわりスマホ初心者でも快適に使えるように作られた「MEDIAS X N-06E」を速攻フォトレビュー - GIGAZINE

ブルーライトカットモード搭載で置くだけ充電機能付「MEDIAS X N-04E」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

2画面表示の「MEDIAS W」速攻フォトレビュー、DSっぽい2画面の使い道は? - GIGAZINE

気圧や湿度が測れてGショックと連携も可能なタフネススマホ「G’zOne Type-L」実機フォトレビュー - GIGAZINE

ドコモ夏の新機種「MEDIAS X N-07D」速攻フォトレビュー、約30分で50%まで急速充電+Xi+防水+おサイフケータイ+ワンセグ+赤外線 - GIGAZINE

超頑丈な「G’zOne IS11CA」ムービーレビュー、落下させたり水に漬けたりしてみた - GIGAZINE

わずか7.7mmの世界最薄ボディ、NECカシオ初のAndroidスマートフォン「MEDIAS(N-04C)」超速攻フォトレビュー - GIGAZINE

カシオ、ソフトバンクモバイル向け携帯電話端末の開発・生産をNECに委託 - GIGAZINE

in モバイル, Posted by logc_nt