ルービックキューブのパワーアップ版「The X-Cube」は3Dプリンタで出力可能


3×3マスのパズルを6面揃えて遊ぶルービックキューブをパワーアップさせたものが、色だけではなく形も変わるルービックキューブ「The X-Cube」。2012年に大学のアイデアショップに登場しましたが、その後、Kickstarterで資金を集めて製品化に成功。3Dプリンタを持っている人はSTLファイルを購入して自分で出力することも可能となっています。

The X-Cube - Shopstarter
https://www.shopstarter.com/p/danec/the-x-cube/

The X-Cube by Dane Christianson — Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/danec/the-x-cube

The X-Cubeがどのようなものかというのは以下のムービーで確認できます。


通常のルービックキューブとは形が違うので、たとえばこのように「X」にしてみたり……


市松模様にしてみたり。


あるいは、一部だけ出っ張らせることでコマのようにもなります。


立体的なオブジェを形作ることも可能です。


The X-Cubeの作者・Dane Chritiansonさん。


大学の3Dプリンタを使ってThe X-Cubeを製作することを思いついたとのこと。


パーツはすべて3Dプリンタで出力したもの。製品化を目指して行われたKickstarterのプロジェクトでは、1ドル(約100円)以上出資すればThe X-Cubeを3Dプリンタで作るためのSTLファイルがゲットできるようになっていました。プロジェクトは終了しましたが、ファイルは1つ1ドル(約100円)で購入可能。


Chritiansonさんには頭脳ゲームを扱うMarbles The Bainstoreに友人がいたので、この企画のことを相談し……


店頭での販売が決定しています。


The X-Cubeで遊んでいる少年。


親子でも遊んでいます。年齢や場所を選ばず楽しめるおもちゃ。


もし元に戻せなくなっても大丈夫。パーツを1つ引っ張って外すと……


バラバラに分解できるので、リセットしてやり直しが出来るというわけです。


現在、製品の製造工程をチェックするためにChritiansonさんはフルタイムで動き回っているとのことで、少しでも早くThe X-Cubeを手に入れたい人のために、2013年12月発送分の先行予約を受け付けています。価格はThe X-Cube1個が40ドル(約4000円)、2個だと70ドル(約7000円)、3個だと105ドル(約1万円)となっています。なお、アメリカ国外への発送は別途5ドル(約500円)必要です。

・関連記事
ルービックキューブをジャグリングしながら解く男 - GIGAZINE

色だけでなく形まで変化するルービックキューブ「X-Cube」 - GIGAZINE

ブロックを組み合わせてiPhoneアプリ連動のおもちゃが誰でも作れる「ATOMS」 - GIGAZINE

超高速でルービックキューブを解くレゴ製ロボット - GIGAZINE

どこへでも持ち運べる軽量・小型化した3Dプリンタ「Bukito」 - GIGAZINE

41

in ハードウェア,  動画,  ゲーム, Posted by darkhorse_log