ハードウェア

手と指の動きを感知して奥行きまで含めた立体的な操作ができる「Leap Motion」は一体何がすごいのかまとめ


コンピューターへの入力装置と言えばマウスやキーボードが一般的ですが、新たなスタイルのデバイスとして注目を集めているのが「Leap Motion」です。Leap Motionは、ユーザーの手と指の動きを感知することでコンピューターを直感的に操作することが可能なデバイスです。マウスが上下左右という平面的な操作しかできないのに対し、Leap Motionは奥行きまで含めた立体的な操作が可能であり、百聞は一見にしかず、まずはLeap Motionを実際に操作したムービーを見ればどのようなものなのかというのがよくわかります。

Leap Motion
https://www.leapmotion.com/

Introducing the Leap Motion - YouTube


こちらがLeap Motion本体(Leap Motion Controller)。縦30mm、横80mmで厚みはわずかに12.7mmと非常にコンパクトなので、机上はもちろんカバンの中でも場所をとりません。


Leap Motion Controller(LMC)をつまんだところ。その小ささがよく分かります。


LMCはコンピューターとUSBで接続します。写真のように、モニター前に設置することで、その上部空間での手や指の動きをセンサーで感知可能。


Leap Motionは非常に高感度なLEDセンサーを使っており、わずか100分の1mmの動きも感知できます。また、手や指だけでなく棒状の物体も感知可能。このため、「コンピューター(や入力機器)に一切触れることなく、あらゆる操作がリアルにかつ自然に可能となる」と開発陣は言います。

このような人間の動きを感知して操作するデバイス(3Dモーションキャプチャーデバイス)としては、すでにKinectがありますが、Kinectがゲームに特化した機器であるのに対し、Leap Motionはあらゆるコンピューターのインターフェースとして使えるよう設計されています。

こちらがKinectです。


Windows 8をLeap Motionで操作しているムービーがこちら。たとえタッチパネル非対応のモニターであっても、Leap Motionを使えばWindows 8の新デザイン「Modern UI」をフル活用できます。

Leap Motion With Windows - YouTube


WindowsだけでなくMacでも有効に使用可能となっており、以下のムービーでは「Clear」というアプリを使って操作しているところを見ることができ、実際に何ができるかがよく理解できます。

Leap Motion + Clear for Mac - Preview


また、OSの操作だけでなく、Leap Motionはアプリケーションの操作も可能となっており、特に「Google Earth」では操作性の良さが感じられ、マウスよりも快適に操作できることが以下のムービーでわかります。

Leap Motion + Google Earth - YouTube


さらにSFチックな未来を感じられるのが、ホログラムを使った3Dディスプレイを操作している様子。Leap Motionは3Dのアイテムと相性が抜群であることが動きを見ると把握できます。

3D Display - Re-Imaging (Three.js & Leap Motion)



このように、コンピューターの様々な操作を実行可能なLeap Motionですが、それはあくまで専用のアプリがインストールされていることが前提です。そのため、さまざまなLeap Motionアプリの提供が待たれていたのですが、ついに本日7月23日からLeap Motionのアプリストアである「Airspace」がオープンし、75個のアプリの提供が開始されました。

Airspace Store by Leap Motion


アプリは検索しやすいように、有料・無料、Windows用・Mac用、ゲーム・教育・科学などのカテゴリーに分かれています。


こちらは「Cyber Science - Motion」という無料アプリ。人間の骨をくわしく観察したり、なんと分解・組立てまでできるそうです。


3Dアニメーションソフト「AUTODESK MAYA」のプラグインも無料で提供されています。


「Solar Warfare」というシューティングゲームのアプリは4.99ドル(約500円)。


以下のムービーを見れば実際に操作している様子を見ることができ、手のひらを飛行機に見立ててひらひらと動かせばそのように自機も動くため、脳内妄想のシューティングごっこがリアルでプレイ可能、というわけです。

Solar Warfare For Leap Motion Controller - Teaser - Youtube


なお、Leap Motionの価格はなんとわずか79.9ドル(約8000円)となっており、高精度かつ直感的な操作が可能なデバイスでありながら、これほどまでの低価格を実現しているというのも大きな期待をされている原因です。

・関連記事
気分はニュータイプ、脳波でパソコンを操作できるマウスが日本上陸 - GIGAZINE

頭に付けて念じるだけで動くパソコンをロシアが開発中 - GIGAZINE

Googleのメガネ型PC「Google Glass」はどう使うのかわかる公式ムービー、タッチパッドでタイムラインを左右に操作 - GIGAZINE

手のひらでウェブブラウザやゲームを自在に操れる3Dモーションセンサー「DUO」動作デモムービー - GIGAZINE

クアドロコプターのラジコンをKinectで自由自在に操作するムービー - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to