ジオタグ付きツイートからどこでどれだけツイートされているのかを可視化した地図「Andes」


「サンフランシスコ」「ニューヨーク」「イスタンブール」の3都市ではどれくらいのツイート量があるのかを、ツイート数を高さに変換し地図上に表示することで感覚的に分かりやすくしたのが「Andes」です。2009年以降のジオタグ付きツイートのデータを参照して地図は作成されています。

Andes
http://twitter.github.io/interactive/andes/

かなり高低差のあるモコモコした地図が出力されていますが、高さがツイート量の多寡を表しています。最初に表示されているのはサンフランシスコの地図です。


ちなみにこれがGoogleマップで見たサンフランシスコ周辺の地図。

大きな地図で見る

地図をドラッグすると傾けて見ることが可能。傾けた方がどれぐらいの高さなのかわかりやすくなり、この地図でいえばマーケット・ストリートの辺りでツイートが多いことが把握できます。


また、画面右メニューの「View Angle」から「PlaneXZ」を選択すると……


水平方向から地図を見ることができます。


「PlaneYZ」をクリックすれば、「PlaneXZ」とは別の視点から水平方向に地図を確認可能。


さらに画面右メニュー「View」という項目からは、地図のイメージを7つ選択できます。上から1つずつ確認していくと……


「Heat」


「Fill」


「Watermark」


「Clear」


「Contour」


「Terrain」


「Grid」


「Dark」


次に、メニュー内「Elevation」の「Medium」をクリック。


地図の高さが変化しました。これは1ツイート辺りの高さを変更させて場所ごとのツイート数の差を強調して表示してくれます。


そして、「Choose a City」では地図を表示する都市の切り替えが可能。


これはニューヨーク、全体的にボコボコ。


実際の地図と見比べると、ニューヨークのマンハッタン地域で特に多くのツイートがされているみたい。

大きな地図で見る

最後にイスタンブールの地図。


Googleマップで見たイスタンブールはこんな感じ。

大きな地図で見る

角度を変えてみると、青い部分は海や川なのでほとんど高さが出ていないことが分かります。


この地図の製作者であるNicolas BelmonteさんはTwitterの分析チームの一員。さまざまなデータを視覚化しており、彼のウェブサイトにはさまざまなデータを可視化したサービスが掲載されています。

・関連記事
Twitterでの番組の評判を番組作りに活かすNHKのつぶやき解析技術 - GIGAZINE

Twitterの約50ツイートだけであなたの性格を分析、200ツイートあればもっと高レベルな分析が可能なソフトが開発される - GIGAZINE

竜巻で死亡した人の数を視覚化した地図「All Killer Tornadoes Since 1950」 - GIGAZINE

Wikipediaの修正がどこから行われているかが地図で見てわかる「Wikipedia Recent Changes Map」 - GIGAZINE

「世界肥満地図」で先進国の肥満度ランキングを出してみるとこのような結果に - GIGAZINE

男性器のサイズで色分けした世界地図 - GIGAZINE

39

in レビュー,  ネットサービス, Posted by logu_ii