ロシアの「プロトンMロケット」が打ち上げ失敗・墜落・爆発炎上するまでの一部始終がよくわかるムービー


現地時間7月2日朝、人工衛星3基を搭載したロシアのロケット「プロトンM」がカザフスタンのバイコヌール基地から打ち上げられた直後、制御不能に陥って墜落、爆発炎上しました。この打ち上げから墜落までの一部始終を収めたムービーがYouTubeで公開されています。

Proton-M Launch Failure - July 2, 2013 - YouTube


発射台にセットされたプロトンM


そして、打ち上げ。


するするとまっすぐ上っていったように見えましたが……


打ち上げからわずか十数秒という段階で制御不能に陥ったとのことで、軌道が逸れていき……


水平から下向きになったあたりで黒煙が見えます。


先端部分からパーツを撒き散らしながら、墜落していくプロトンM。


落ちながら炎上し……


地面に激突して爆発。


こちらのムービーは、離れた場所からプロトンMの打ち上げを見ていた人が撮影したもの。

Аварийный пуск ракетоносителя "Протон-М" с 3-мя космическими аппаратами Глонасс. 02.07.2013 - YouTube


だいたい20秒過ぎぐらいに、中央の発射台からプロトンMが打ち上げられます。


このムービーで見ると、かなり早い段階で斜めによれてしまっていることがわかります。


そのまま、ロケットは頭を水平方向へと振り……


円を描くように、今度は下向きに。ここでパーツが飛び散っています。


そして燃え上がり……


墜落した、というわけです。


かなり離れた場所にいるため、墜落してから大きな黒煙が上がった時点では音は伝わってきておらず……


数秒遅れて轟音と衝撃波がやってきて、映像が激しくブレます。


なお、宇宙に関するニュースサイト「SPACEFLIGHT101」の記事による分析では、離陸から約1.5秒後に本来の上昇ルートから外れ、排気の色が変わっているのが顕著に認められるので、発射ロケットの不具合による異常燃焼が起きたのだろうと推測しています。

・関連記事
ロシアの航空オタク、自家製ロケット打ち上げに失敗して妻を亡くす - GIGAZINE

スペースシャトルの打ち上げから補助ロケット着水まですべてを生音で聞くとこうなる - GIGAZINE

宇宙に向かって飛び立つロケットの軌跡をとらえた美麗写真 - GIGAZINE

スペースデブリを回収する衛星をスイスが打ち上げへ - GIGAZINE

71

in 動画, Posted by logc_nt