フォームのテキスト入力欄を音声入力可能にするChrome拡張機能「Speech Input Enabler」


作者からのタレコミによると「さて、最近のバージョンのChromeブラウザは音声入力対応です。Googleサイト検索入力欄にあるマイクアイコンに見慣れてきた人も多いかと存じます。大変便利なのですが対応しているサイトが少ないのが難点です」ということで、ほぼすべてのサイトでテキスト入力エリアに音声入力を可能にする「Speech Input Enabler」が公開されました。

Chrome ウェブストア - Speech Input Enabler
https://chrome.google.com/webstore/detail/speech-input-enabler/cpoejielnogjilklmcihnfhbkjanamgk


使い方は簡単で、インストール後に音声入力したいフォームのあるページでChrome右上にあるボタンをクリックするだけ。


するとこのようにして普通のフォームが……


音声入力可能なマイク付きフォームに変化。そのままマイクアイコンをクリック。


「お話しください」ということで、音声入力可能になってしまいます。


また、常にあらゆるフォーム上で音声入力を可能にするには、ボタン上で右クリックして「オプション」をクリック


「Always」に変更してから「Save」をクリックすれば完了となります。


なお、対応タグは、

<input>  ( type=”text” , ”tel”, "search" / except for "password","email" ,"url" ,"num")
- <textarea>
- <div contenteditable>
- <p contenteditable>

とのことです。

・関連記事
Googleが写真付き・音声入力でメモを残せる「Google Keep」をリリース - GIGAZINE

実用レベルでPCの音声操作が可能、iPhoneと「ドラゴンスピーチ」を使ってハンズフリーでウェブサイトを閲覧してみた - GIGAZINE

文章を読むだけでサクサク入力ができる「ドラゴンスピーチ」を使ってみた - GIGAZINE

ページ中の画像・動画などを右クリックメニューからGoogleドライブに保存するChrome拡張機能「Save to Drive」 - GIGAZINE

Amazonで検索した本が近隣図書館にあるかどうか教えてくれるGoogle Chrome拡張機能「その本、図書館にあります。」 - GIGAZINE

21

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse