デザイン

スマホと連携し鍵の遠隔操作から一元管理まで可能なドアロックシステム「Goji Smart Lock」


家の鍵をスマートフォンで完全にコントロールできるのが「Goji Smart Lock」です。家の鍵を開けるための電子キーを発行すれば自分で鍵を持つ必要がなくなり、家を出た後に鍵をかけ忘れたか心配になっても遠隔操作で鍵の確認から施錠まで簡単にできるようになります。

Goji Smart Lock | Indiegogo
http://www.indiegogo.com/projects/goji-smart-lock

Introducing the Goji Smart Lock - YouTube


Goji Smart Lockは滑らかな金属パーツとLEDディスプレイを備えた、現代的な円形のドアロックです。このLEDディスプレイにはドアがロックされているかいないかのステータスや、日付、家へ出入りした人の出入り時間が表示されます。


デザインはシンプルでクールな印象。


ディスプレイの付いている面の裏側はこんな感じ。


実際にスマートフォンからリモートで鍵を解錠するとこんな感じ。


Goji Smart Lockには内蔵カメラが搭載されており、家を訪れた人の写真を撮影し、使用者の携帯電話にリアルタイム画像を送ることができます。


スマートフォンアプリとテキストメッセージの両方で、Goji Smart Lockの動作通知を受け取るように設定することも可能です。またGoji Smart Lockの動作は全てシステムに記録されているので、専用アプリもしくはウェブ上でGoji Smart Lockの動作情報や記録した情報を確認することもできます。

さらに、Goji Smart Lockではテキストメッセージとメールの両方で、家のロックを開けるための電子キーを送ることができます。


この電子キーは日時などを指定して「ある一定の期間のみ使用可能」とすることも可能。来訪予定のお客さんやハウスキーパーさんなどに対して電子キーを作れば、それぞれが携帯電話を使って家の中に入ることができるようになり、いつでも電子キーの削除は可能なのでセキュリティー面も安心です。


基本はスマートフォンで鍵の開け閉めを行いますが、Goji Smart Lockの下には予備用の錠前が付いています。


こちらの普通の鍵は携帯電話を持っていない子ども用や予備用として使用すると効果的。


携帯電話に問題が起きて鍵の操作ができなくなった際のために、コールセンターサービスが24時間利用可能、Goji Smart Lockを遠隔で施錠したり解錠したりしてもらうことができます。


このGoji Smart Lockは現在Indiegogoにて出資を募っており、235ドル(約2万2千円)の出資でゲット可能。なお、出資の締め切りは日本時間で2013年8月4日の午後16時59分までです。

・関連記事
持ち主の顔を認識、ジェスチャーに反応してドアを開ける1人乗り電気自動車「Smart INSECT」 - GIGAZINE

ドアにはって夢のある空間を演出する超絶リアルなステッカー - GIGAZINE

薄さわずか0.9mmでぺったんこ、ドアの下などのスキマから通すことができて、引っかかってつまずくこともない「フラット延長コード」 - GIGAZINE

輪ゴム一本でチェーンロックされたドアを突破する方法 - GIGAZINE

ドアを2ロックに替えて空き巣を防ぐゲーム「THE 2LOCK」 - GIGAZINE

解錠に時間がかかりそうなセキュリティー万全のドアチェーン - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logu_ii